食品・食材里芋栄養効果
里芋taro

カラダの不調を整える!里芋の栄養と効果5選

里芋の栄養と効果

独特のぬめりが特徴で、日本の食卓ではおなじみの里芋。

里芋は煮物にするのが定番ですが、グラタンやポテトフライなどとしても調理され注目を集めている食材です。

ほくほくとしながらも、粘りがある美味しさで愛されている里芋。

今回は、そんな素晴らしい栄養とその効果について詳しく見ていきましょう。

里芋にはカリウムがたっぷり!- むくみや高血圧の予防・改善に効果

里芋には、カリウムがたっぷり含まれています。

里芋に含まれているカリウムは、体内の水分量を適切に保つために重要な働きを持つ栄養で、過剰なナトリウムの排泄に効果があります。

そのため、カリウムを摂ると、むくみ高血圧の予防・改善が見られます。

さらに、筋肉の収縮を正常に保つ作用もあることでも知られています。

里芋のネバネバパワー!- 胃潰瘍・ドライアイの予防など

里芋は、ムチンが多く含まれていることが大きな特徴です。

里芋に含まれているムチンは、タンパク質多糖類が結合した栄養で里芋独特のぬめりの正体。

体内では粘膜の保護に作用するので、胃潰瘍や感染症の予防や、アレルギー症状の予防・改善にも効果があります。

また、涙の成分にも必要なので、ドライアイの予防にも効果が認められる栄養としても知られています。

銅が多めに含まれている – 酵素の材料になる&美肌・美髪化にも効果

里芋には、ミネラルの一種であるが多めに含まれています。

銅は、エネルギー代謝に必要な多くの酵素の原料として使われることが特徴です

骨や皮膚、また血管壁を健康に保ち、美肌に欠かせないコラーゲンの生成効果もある欠かせない栄養です。

さらに、美しい黒髪のためのメラニン色素を作り出す材料にもなります。

里芋のモリブデンに注目! – 肝臓にある鉄分利用を促して貧血予防

里芋に含まれるモリブデンにも注目です。

里芋に含まれているモリブデンは、肝臓に貯蔵されている鉄分の利用を促す栄養で、造血作用があるため貧血の予防に効果があります。

また、食道ガンの予防にも効果があるとされ、その研究に期待が高まっている栄養です。

活動エネルギーとして欠かせない栄養 - 炭水化物

里芋には炭水化物も含まれています。

炭水化物は、体内でブドウ糖に変化し、不足すると集中力が欠如したり、疲れやすいなどの症状を防ぐ効果があります。

そのため、私たちが活動する上で欠かせない栄養なので、しっかり摂取する必要があります。

過剰剰摂取には注意が必要ですが、ダイエットなどで極端に炭水化物が制限されると、カラダだけでなく脳の働きも正常に行われなくなる心配があるので、十分に注意しましょう。

また、里芋に含まれるの炭水化物の量は、さつまいもより低いため炭水化物の過剰摂取を控える時には最適の食材です。

関連コンテンツ

里芋 関連記事

このページを
シェア/ブックマーク