食品・食材野菜 一覧もやし栄養効果
もやしbean-sprouts

安くて美味!もやしの栄養とすごい効果5選

もやしの栄養と効果

シャキシャキとした食感が魅力的なもやし。

もやし炒めにラーメン、ナムルなど様々な料理に登場します。また、値段が安いのももやしの魅力的ですね。

今回のテーマはもやしの栄養と効果について。

「めちゃくちゃ安いけど、果たしてもやしに栄養はあるの?」そんな疑問にお答えしていきます。もやしに含まれる栄養と健康効果をご覧ください。

発芽したもやしで栄養アップ!ビタミンC - 老化防止、ストレス対策に

もやしには多くの栄養素が含まれていますが、中でも注目したい栄養素がビタミンC

もやしは豆を水に浸して日光に当てずに発芽させたものですが、豆を発芽させる過程でビタミンCの栄養が大幅に増加します。

もやしに含まれているビタミンCは老化防止やがん予防、ストレス対策に効果的な栄養素です。

注目の栄養成分 アスパラギン酸 - 疲労回復、肌の潤いを保つ効果

もやしにはアスパラギン酸という栄養成分が豊富に含まれています。

アスパラギン酸とは、アミノ酸の一種で、大豆などの豆類、もやし、サトウキビ、アスパラガスなどに多く含まれています。

アスパラギン酸は、疲労回復、アンモニアを尿に合成する作用、肌の潤いを保つ効果などがあります。

もやしには食物繊維もたっぷり! 腸内環境を整える効果

もやしには食物繊維も豊富に含まれています。

もやしに含まれている食物繊維は第6の栄養素とも言われ、腸内環境を整える効能や、糖尿病や脂質異常症を予防する効果があります。

もやしの豆の部分には良質なタンパク質! 筋肉や髪などを正常に保つ効果

もやしは豆が発芽したものですが、豆の部分には良質なタンパク質が多く含まれています。

もやしに含まれているタンパク質は筋肉や皮膚、爪、髪などを作る主成分となる栄養素で、これらを正常に保つ効果があります。

もやしに含まれる消化酵素アミラーゼ - 腸の働きを整える効果

もやしにはアミラーゼと呼ばれる消化酵素も含んでいます。

こちらもビタミンC同様、豆が発芽する過程で増える栄養成分です。

アミラーゼは消化を行う酵素の一種で、食べ物の消化を助けて、腸の働きを整える効果があります。

関連コンテンツ

"もやしの栄養" に関する関連記事

このページを
シェア/ブックマーク