ニラの旬は?

ニラchinese-chive

ニラの旬の時期は3~5月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ニラ 分類 ユリ科ネギ属
旬の時期 3~5月ごろ 主な産地 高知、栃木、茨城など
効果 疲労回復を補助、皮膚などの健康を維持、生活習慣病の予防(詳しくは ニラの効果へ)

一般的な葉ニラの旬は3~5月だが、品種によって旬は異なる

ニラの旬は春とされていますが、品種によって違いがあります。

ごく一般的な葉ニラの旬は3~5月で、主な産地は高知県です。岡山県特産の黄ニラは葉ニラより少し旬が早く、2~3月。

花茎である花ニラは5~9月が最盛期で、主に新潟県で栽培されています。ニラは年中収穫でき、4月~10月のものを夏ニラ、11月~3月のものを冬ニラと呼びます

店頭でも年間を通してよく見かける野菜ですが、黄ニラは光に当たると緑色に変化してしまうので、通常、店頭には並びません。

他に同じような春に旬を迎える野菜には、そら豆キャベツふきなどがあります。

日本では古くから薬として栽培され、戦後に食材として食卓に登場するようになりました。

ニラには疲労回復や血糖値を抑える効果、アンチエイジング効果高血圧予防などの効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク