食品・食材野菜 一覧キムチ栄養効果
キムチkimchi

食欲増進だけじゃない! キムチの栄養と効果4選

キムチの栄養と効果

今回のテーマは発酵食品であるキムチ。

キムチは辛さと酸味に加え、唐辛子の赤い色の効果で、食欲がそそられますね。

キムチには、さまざまな具材が使われいて、200種類以上もあるそうです。

そんなキムチについて、キムチの持つ栄養と効果をご紹介していきます。

整腸作用、便通改善の効果 - キムチに含まれる乳酸菌

キムチには整腸作用、便通改善の効果があります。

キムチには、植物性乳酸菌のラクトバチルス乳酸菌が含まれ、胃酸に強く腸内まで届く特徴があります。

腸内のビフィズス菌を増し、腸内環境を整えるので、を整える作用、便通改善の効能が期待できます。

また、キムチに含まれる白菜や野菜には食物繊維などの栄養がたっぷり含まれているため、より便秘の改善に効果が高まります。

関連記事:腸内環境を整える7つの方法 - スッキリ快調を目指そう!

代謝促進作用、脂肪燃焼を促進 - カプサイシンの働き

キムチには代謝を促進する作用、脂肪燃焼を促進する効果があります。

キムチに含まれるカプサイシンには辛みがあり、辛味によるアドレナリンの分泌で、基礎代謝が活性化します。

また、カプサイシンには、脂肪燃料リパーゼという酵素の働きも促す作用があるので、脂肪燃焼を促進する効能もあります。

疲労回復の効果も - 豊富な栄養素とアリシンの働き

キムチは発酵食品なので、発酵することで生の野菜にはなかった栄養素が増します。

中でも特に、ビタミンB群が豊富で、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB12ナイアシンなどの栄養素が含まれます。

ビタミンB群には、三大栄養素炭水化物脂質タンパク質のエネルギー代謝を促す効果があります。

キムチに含まれているにんにくニラのアリシンも作用するため、より疲労回復の効能が高まります。

栄養素ビタミンC、β-カロテンでツルツル美肌に!

キムチには美肌や美白効果が期待できます。

キムチには、コラーゲンを生成するビタミンC、 皮膚の健康を維持するβ-カロテンなどの栄養が含まれているため、美肌や美白の効能があります。

キムチの食べ過ぎには注意!

キムチには、塩分が多く含まれているため、食べ過ぎるとナトリウムの摂りすぎになります。

また、唐辛子も多く含まれているため、胃痛や下痢などを起こしやすくなります

キムチの栄養素や効能を上手に得るには、一日50g程度を目安に摂取するようにしましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク