食品・食材果物 一覧栄養効果
persimmon

予想外!柿の優れた栄養と効果を徹底解説

柿の栄養と効果

世の中にはたくさんの食品がありますが、私たちが持っているイメージと実際の食品の栄養価が異なることがあります。

柿もそんな食品の一つ。

実は、柿には私たちが持っているイメージを超える、素晴らしい栄養素がたくさん含まれていました。

今回はそんな柿の栄養と効果を徹底的に解説していきます。

ビタミンCがトップクラス! - 1個で1日分のビタミンCが摂れる

柿でまず注目すべき栄養素はビタミンCです。

柿とビタミンC、意外な組み合わせと思うかもしれませんが、ビタミンC含有量は果物の中でトップクラスです。

柿にはみかんいちごグレープフルーツよりも多くのビタミンCが含まれており、1個で1日分のビタミンCが摂れるとされています。

また、柿の葉茶にもビタミンCがたっぷり含まれています。

注目の栄養素タンニン - 抗酸化作用で老化防止効果!

柿の栄養素で次に注目すべきはタンニンです。

タンニンとは、ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持つ栄養素です。果実だけでなく、柿の葉茶にも豊富に含まれています。

タンニンの持つ抗酸化作用により、老化防止や動脈硬化の予防などの効果が期待できます。

カリウムも豊富に!利尿作用、血圧を安定、むくみ解消効果

柿にはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムとは、ミネラルの一種で細胞内の水分量を調整する栄養素です。

また、カリウムには血圧を安定させる効果、むくみを解消する効果などがあります。

βカロテンも含まれる - がん予防、夜盲症の予防

柿に含まれる栄養素として、βカロテンも見逃せません。

βカロテンとは、カロテノイドに分類される栄養素で、植物に含まれるオレンジ色や黄色の色素成分です。

柿のオレンジ色はβカロテンの色素だったんですね。

βカロテンには、抗酸化作用があり、老化防止やがん予防に効果的です。

また、暗い場所で視力が低下する夜盲症の予防や改善にも効果が期待されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク