ユリ根の旬は?

ユリ根yurine

ユリ根の旬の時期は11~1月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ユリ根 分類 ユリ科ユリ属
旬の時期 11~1月ごろ 主な産地 北海道など
効果 むくみの解消、エネルギー源、便秘の解消など(詳しくはユリ根の効能へ)

ユリ根の旬は11~1月の晩秋から冬にかけて

ユリ根の旬の季節は、晩秋から冬である11月から1月です。ちょうど秋の終わりから冬にかけて旬を迎えます。

ユリ根と同様、晩秋から冬にかけて旬を迎える野菜は、大根ほうれん草レンコン春菊などがあります。

ユリ根は9割以上が北海道の真刈で生産されていて、10月から12月にかけて収穫されます。

また、わずかですが、京都の丹波でも栽培され、そちらは8月から秋にかけての収穫となっています。

ユリ根にはデンプンがたくさん含まれるため、2~3か月ほど寝かせると熟成して甘みが増します。

そのため、ユリ根は正月料理にも使われることもあり、出回りのピークは年末ごろになります。

とはいえ年が明けても旬は続き、滋養強壮効果もある栄養豊富な食材なので、おせち料理だけにこだわることはありません。

食用のユリ根の種類にはコオニユリ、オニユリ、ヤマユリなどがありますが、よく栽培されているのはコオニユリです。

苦みが非常に少なく、ほくほくした上品な甘さが人気です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク