消化酵素とは

キーワード > 消化酵素
消化酵素digestive-enzymes

消化酵素とは?

消化酵素とは、細胞内で作られ、食物を消化する際に力を発する酵素です。

また、代謝のコントロールするためにも必要となります。消化酵素は、大別すると、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、デンプンを分解する「アミラーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」があります。

消化酵素がなければ、体内で食べものを分解して栄養素を吸収することができず、栄養素を活用することもできません。消化酵素は体内でも生産できますが、それだけでは不十分です。食物から消化酵素を取り入れることが重要と言われています。

消化酵素が多く含まれる食品と言えば、野菜ではキャベツブロッコリー大根。果物ではバナナキウイパイナップルなどに多く含まれています。また、味噌醤油、酒などの発酵食品にも豊富な消化酵素が含まれています。

消化酵素は熱に弱く、調理する事によって効果がほとんど失われてしまうので、生で食べる事が何より重要とされています。できるだけ、生食が可能なものは加熱理せずに食べるようにしましょう。

消化酵素は体内に取り入れる事によって、免疫力の上昇や便秘の解消、生活習慣病の予防など様々な効果を期待する事が出来ます。

普段の食生活の中で消化酵素を取り入れる工夫をし、体内で活かす事が大切であると言えるでしょう。

また、唾液にはアミラーゼが含まれています。口の中で下回しや、舌を思いっきり「べー」と出すと、唾液が出やすくなります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク