カンパチの旬は?

カンパチgreater-amberjack

カンパチの旬の時期は6~9月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 カンパチ 分類 アジ科
旬の時期 6~9月ごろ 主な産地 香川、高知、大分など
効果 動脈硬化や脂質異常症の予防、血流改善効果(詳しくはカンパチの効果へ)

カンパチの旬は6~9月、初夏から初秋にかけてが美味しい

カンパチの旬は6~9月です。ちょうど初夏から初秋にかけて食べ頃になりますね

カンパチ、ぶり、ヒラマサはとても似ていて「ブリ御三家」とも言われます。冬が旬のぶりと、夏が旬のヒラマサの間をうめるように、カンパチの旬がやってきます。

ただし、近年では養殖物がほとんどのため、旬を気にせず通年食べられます。体長は1.5mほどですが、50cmほどの養殖ものが市場で多く出回ります。

カンパチは成長とともに名前の変わる出世魚です。

関東では小型35センチほどを「ショッコ、ショゴ」60センチ以上になるとカンパチとしています。また、地域によって呼び名が違います。

カンパチは、世界中の温かい海に生息しています。日本では養殖物と天然物が流通していますが、天然物の方が身は引き締まって味が良いといわれています。

食べごろのサイズは、2キログラムから3キログラムで、活け締めされたものが美味しいです。

カンパチは、お刺身やお寿司で食べるのが最もポピュラーです。

関連コンテンツ

関連記事