ほっけの旬は?

ほっけhokke

ほっけの旬の時期は7~12月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ほっけ 分類 アイナメ科ホッケ属
旬の時期 7~12月ごろ 主な産地 北海道、石川、秋田など
効果 貧血の予防、歯や骨の形成、認知症の予防など(詳しくはほっけの効能へ)

ほっけの旬は7~12月 夏から冬にかけて - 中でも秋が最もおいしい

2枚の焼いたほっけの開き

ほっけの旬は、7~12月の夏から冬の時期になります。

この時期にほっけが旬と言われるのは、夏場にたくさんの餌を食べ栄養豊富で立派なため。さらに、晩秋では産卵に備え、丸々として脂ののりがピークになるため、旬のなかでも産卵前の秋が最もおいしい時期と言われています。

ほっけは秋冬の時期が旬ですが、春も旬と言われています。これはほっけが季節により味わいが大きく異なるためで、味の好みや食べ方によるでしょう。「春~夏の時期は塩焼、干物」、「冬の時期ははすり身」がおすすめと言われています。

ほっけは日本海や、茨城県以北の太平洋側、オホーツク海に生息し、主な水揚地は、北海道、秋田、石川、新潟、岩手などが挙げられます。

順位 都道府県 漁獲量(t)
1 北海道 17,014t
2 秋田 52t
3 石川 33t
4 新潟 12t
5 岩手 1t

国内で水揚げされるほっけの99%が北海道になります。そのほか、ロシアやアメリカからも輸入されています。

北海道は漁場によって旬が異なる - 北海道の「三大ほっけ」

北海道産の根ほっけのつるし干し

北海道産の根ほっけ

国内でのほっけの漁獲量一位は北海道です。北海道のほっけの旬の時期は漁場によって異なります。

なかでも、礼文、羅臼、日高の3か所が有名で、ここで獲れるほっけは「三大ほっけ」と呼ばれています。以下では漁場別の旬について説明しています。

北海道の三大漁場 旬の時期 主な特徴
礼文 7~8月 身が厚く脂がのり、サイズが大きい。
羅臼 10~11月 良質なプランクトンを餌に、大型サイズで脂ののりが良く、ふっくら。
日高 11~12月 脂ののりが良く甘みとうま味が凝縮。

北海道産ほっけの三大漁場の旬の時期と主な特徴

礼文(れぶん)産のほっけの旬は、7~8月の夏の時期です。羅臼のほっけの旬は10~11月の秋ごろが時期。日高産のほっけは11~12月の冬に旬を迎えます。三大ほっけのなかでも特に注目されるのが羅臼ほっけで、脂ののりがよく大型で最高級とされています。

このように同じ道内でも旬の時期が分かれるんですね。そのぶん、旬を迎えたおいしいほっけが長く楽しめます。

関連コンテンツ

関連記事