ほやの旬は?

ほやsea-squirts

ほやの旬の時期は5~8月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ほや 分類 マボヤ科マボヤ属
旬の時期 5~8月 主な産地 宮城、北海道など
効果 肝機能の向上、高血圧の予防、悪玉コレステロールを下げる効能(詳しくはほやの効能へ)

ほやの旬は5~8月 夏に旬を迎える食材

ほやの旬は5~8月です。夏の時期においしく食べられます。

ほやは、晩秋から翌年の春ごろである11~3月にかけて産卵期を迎えるため、その期間は漁獲されません。漁獲期は4~8月にかけて迎えます。

また、この時期は、ウニうなぎも旬を迎えています。

ほやは「ホヤ貝」と呼ばれていますが、原索動物の一種で厳密には貝ではありません。

ほやは日本国内だけでも数百種以上も存在しますが、食用としては「マボヤ」と「アカボヤ」の2種だけになります。

見た目はちょっとグロテスクで、あまりおいしそうには見えませんが、独特な香りが特徴的なため、好みがはっきり分かれる食材です。

マボヤは全国的に生息していますが、東北地方での水揚げが多く、三陸沿岸では養殖もおこなわれ、国内生産量の80%を宮城県で水揚げしています。

一方、アカボヤはほぼ全てが天然物で、北海道で水揚げされています。お刺身や酢の物で食べるのが美味しいですが、塩辛や燻製、から揚げ天ぷらも美味です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク