セージの旬は?

セージsage

セージの旬の時期は7~10月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 セージ 分類 シソ科アキギリ(サルビア)属
旬の時期 7~10月ごろ 主な産地 フランス、トルコなど
効果 鎮痛作用抗酸化作用、消臭作用(詳しくはセージの効能へ)

セージの旬は7~10月ごろ 薬効効果に優れたハーブ

セージの旬は、7~10月ごろの、夏から秋になります。

セージの原産国は地中海沿岸といわれフランスやトルコになり、地域によりますが収穫時期は4月から10月頃までだそうです。

ハーブは、原産国と生産国(加工するため)が異なることがあり、主なセージの生産国にはギリシア・トルコ・イタリア・スペイン・アメリカなどがあります。

日本のハーブ類の多くが輸入品となりますが、近年では、農園やハーブ専門店などで、セージを含め多くの種類のハーブが育てられています。

セージには、殺菌効果や防腐作用、またの働きを高めて胃もたれを予防する効果があり、古くからヨーロッパで民間薬として利用されます。

世界で長寿のハーブとして高い評価があり、イギリスでは「長生きしたければ5月にセージを食べなさい」と言う言葉があるほどです。

セージはサルビアとも呼ばれ種類が豊富。日本では分かりやすよう「ハーブをセージ」「観賞用をサルビア」としているそうです。

その中でも、薬効効果が高いと利用されているのは、コモンセージになります。

セージは、肉料理の臭み消しやパスタやサラダなどの料理に使われるほか、 アロマテラピー精油、ポプリ、ハーブティーなどにも利用されています。

関連コンテンツ

関連記事