食品・食材大麦栄養効果
大麦barley

注目の穀物! 大麦に含まれる栄養と効果は?

大麦の栄養と効果

大麦は、麦ごはんとして食べるだけでなく、麦茶ビールの原料にも使われる穀物です。

栄養が豊富な大麦は世界最古の穀物といわれ、日本でも古来から白米と一緒に炊いて食べられてきました。

戦後、食料が豊富になるにつれ白米が主流となり、大麦はほとんど食卓に登場しなくなりましたが、健康ブームの影響により再び注目が集まっています。

今回は、大麦についてその豊富な栄養と効果をご紹介します。

水溶食物繊維β-グルカン – 生活習慣病の予防に効果

大麦には、水溶性と不溶性の2種類の食物繊維を含みますが、とくに多いのが水溶性食物繊維のβ-グルカンです。

大麦に含まれるβ-グルカンは糖質の吸収をゆるやかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。

またコレステロール値を正常にして、生活習慣病予防に優れた効果を発揮します

とくにもち麦は、白米の25倍、玄米の4倍も食物繊維を含んでいるそうです。

大麦は精麦してもβ-グルカンは失われないため、白米に加えたり麦ご飯にするなど、積極的に食事に大麦を取り入れていきましょう!

カルシウムはお米の3倍 – 丈夫な歯や骨づくりに効果的

大麦には、穀物の中でも特に豊富なカルシウムが含まれています。

カルシウムは骨や歯を作るだけでなく、精神を落ち着かせるなどの働きがある栄養です。

普段からイライラしやすい方は、カルシウム不足が疑われるので積極的に摂取してみましょう。

カリウムはお米の2倍 – 血圧上昇を抑制、むくみの予防に効果

大麦にはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムには血圧の上昇を抑制する効果があり、高血圧が気になる方には継続的に摂ってほしい栄養素です。

また、余分な塩分の排出を促す働きがむくみの予防にもなります。塩分過多になりがちな現代の主食に大麦を利用すると、体の負担を和らげてくれます。

大麦と小麦の栄養の違いは?

大麦は、タンパク質の一種であるホルデインが主成分になります。

大麦は、白米と一緒に炊いた麦ごはんや雑穀米として食べたり、麦味噌や醤油の原料などに使われます。

また、小麦に比べグルテンが少ないことも特徴です。ただ、グルテンアレルギーの方は、全くアレルギーが起こらないとは限らないので気を付けてください。

一方、小麦のタンパク質はグルテンが主体です。

パンをふっくら焼き上げたり、麺にもっちりとしたコシをつけるのに重宝します

近年は「グルテンフリー」と言って、グルテンを摂らないダイエット法やアトピー対策などが流行っています。

麦ご飯で健康生活

大麦は古く豊富な栄養素と多くの効能が認められています。

東洋医学でも消化促進や血糖値を下げる、整腸作用などの効能があるとされ、主食として食べるだけでなく漢方薬としても利用されています。

近年では食べやすいように、押し麦や胚芽押し麦などとして出回っています。

大麦は手軽に入手できる素晴らしい食材です。 毎日のご飯に大麦を加えてみるところからスタートしてはいかがでしょうか?

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク