牡蠣の旬は?

牡蠣oyster

牡蠣の旬の時期は11~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 牡蠣 分類 イタボガキ科
旬の時期 11~2月ごろ 主な産地 広島、宮城、岡山など
効果 代謝促進、生殖機能の改善、貧血予防、血糖値の調整など(詳しくは牡蠣の効果へ)

牡蠣の旬は11~2月の冬、養殖の50%が広島産

牡蠣の旬は11~2月ごろの冬です。

11~2月に旬を迎えるのはマガキです。マガキは国内で最も流通している牡蠣で、一般に牡蠣と言うとマガキを指します。

一方、数は少ないですが、主に日本海側で養殖されているイワガキは、6~8月の夏に旬を迎えます。

国内で流通している牡蠣は養殖が大半で、そのうち5割超が広島産となります。

広島に次ぐ産地は、宮城県、岡山県、岩手県などが挙げられます。

パックで市販されている牡蠣は、ウイルスの数で生食用と加熱用に分けられます。

生食用は一定時間紫外線殺菌したもので、ウイルス数は少ないが旨みは落ちます。

一方、加熱用は殺菌せずに水揚げ後すぐに出荷したもので、ウイルス数は多く生食はできませんが、旨みは多い傾向にあります。

関連コンテンツ

関連記事