杜仲茶の効果と効能

食品・食材飲料 一覧杜仲茶効果効能
杜仲茶tochuu-tea

ブーム再来!? 杜仲茶の効果と効能について

杜仲茶の効果と効能

日本では何度もブームを迎えたことのある杜仲茶。

とくに杜仲茶の樹皮は古くから漢方薬の中でも貴重とされていたそうで、中国の五大漢方の一つとなっています。

国内では、杜仲茶の有効成分である杜仲茶配合体「ゲニポシド酸」が血圧を下げるとしてトクホ(特定保健用食品)商品として販売されています。

また、抗酸化作用のある有効成分やカリウムマグネシウムなどのミネラルが杜仲茶には含まれています。

今回は、杜仲茶の効果や効能にはカラダにどのような働きをもたらすのかをまとめています。

メタボリックシンドロームの予防 - 高血圧の予防にも

杜仲茶には、高血圧メタボリックシンドロームの予防に効果があります。

これは杜仲茶に含まれるゲニポシド酸が副交感神経に作用し、動脈の筋肉(平滑筋)の緊張を和らげます。

筋肉の緊張が和らぐことで、血液の流れが良くなり血流の抵抗がなくなるため血圧を下げることができます。

また、コレステロールの吸収を抑えるなど、内蔵脂肪や血液中の脂質を燃焼する働きもあるため、高血圧や動脈硬化など生活習慣病やメタボを予防する効果があります。

肥満予防にも期待 - 注目される有効成分「アスペルロシド」

杜仲茶には肥満を予防する効果が期待されています。

杜仲茶に含まれる「アスペルロシド」には、胆汁酸の分泌を促して、脂質の代謝を高め脂肪を減らすと期待されています。

胆汁酸は、消化液で特に脂質を消化する働きがあり、新しい胆汁酸を作ることでより脂質の吸収を抑えることができます。

杜仲茶は、この胆汁酸の分泌を促す働きがあるので、ダイエットのサポート効果が期待されています。

冷え性の改善や予防 - 冷えからくる肩こりや腰痛にも

杜仲茶には、冷え性肩こりを改善する効果や効能があります。

杜仲茶には、血管を拡張する作用があるので、血流が良くなり末梢血管まで血液行き渡らせ冷え性を改善する効果があります。

また、冷えからくる肩こりや腰痛関節痛の改善にも効果的です。

むくみの予防に効果的 - スムーズな排便にも有効

杜仲茶には、むくみ便秘の予防・改善に効果があります。

杜仲茶には、体内の余分な水分や塩分を排出するカリウムや、同じく利尿作用を持つと言われるピノレジノール、ジグルコサイドという成分が含まれています。

また、杜仲茶には便通を良くするマグネシウムも含まれているため、便を柔らかくしスムーズな排便を促してくれます。

そのため、妊娠中の便秘にも効果的といわれます。また、体内の不要なものを排出して便秘やむくみを改善することは、ダイエット効果にもつながります。

リラックス効果 - ストレスの緩和にも優れる

杜仲茶にはストレスを緩和する効果があります。

杜仲茶は、副交感神経に働きかけ血流を改善しリラックス効果を促してくれます。

また、ノンカフェインのため就寝前にも飲むことができ、ホットの杜仲茶でカラダを温め安眠を促すことができま。

アンチエイジングにも効果あり

杜仲茶には、杜仲葉配糖体(とちゅうようはいとうたい)と呼ばれる有効成分が豊富です。

仲茶にはゲニポシド酸、アスペルロシドのイリノイド化合物、リグナン化合物、クロロゲン酸、フラボノイドやトリテルぺノイド類など多くが含まれています。

杜仲茶に含まれる有効成分には抗酸化作用があり、老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

生活習慣病の予防だけでなく、美肌などアンチエイジング効果にも有効です。

ノンカフェインがカラダにやさしい - 生理の時期にも

杜仲茶はノンカフェインのため、年齢問わず飲むことができます。

妊娠中や授乳中、また小さいお子さんでも安心して飲むことができると言われるお茶です。

また、カフェインは血管を収縮させるはたらきがあるため、ノンカフェインの杜仲茶は生理の時期にも最適なお茶です。

関連コンテンツ

関連記事