自然免疫とは

健康・美容 用語集 > 自然免疫
自然免疫natural-immunity

自然免疫とは?

自然免疫とは、人が生まれながらにしてカラダに宿している免疫のことです。

病原体などが体に侵入してきた際は、自然免疫が働いて免疫細胞を機能させることで、病原体に攻撃を仕掛けます。

自然免疫はどんな病原体にも率先して攻撃を仕掛けることから、非特異的免疫と呼ばれることもあります。

一方で、自然免疫で撃退できなかった病原体と応戦するために機能する免疫は、獲得免疫と言われています。

自然免疫系の細胞として挙げられるのは、マクロファージ樹状細胞、好中球、好酸球、好塩基球、そしてNK細胞と呼ばれるものです。

病原体が侵入すると、自然免疫はすぐにそのシステムを機能させます。最初に樹状細胞である粘膜ができるだけ病原体の侵入を抑えます。同時に、NK細胞によって体内で病原体に感染した細胞がないかという確認が始まるのです。

このときに病原体に感染したものがあれば、すぐにNK細胞が攻撃を仕掛け、病原体を撃退します。さらに、好中球や好酸球、マクロファージも参加し、一緒に病原体への攻撃を行います。

このときに、樹状細胞とマクロファージは獲得免疫細胞に病原体の発見を伝え、さらに追加の攻撃を要請しているのです。このような自然免疫の高度なシステムによって、人間の体は病原体から守られています。

ですので、ストレスをためすぎると自然免疫の機能も弱まってしまい、さまざまな感染症になりやすくなってしまうので、注意が必要です。

関連コンテンツ

関連記事