アセロラの旬は?

アセロラacerola

アセロラの旬の時期は5~8月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 アセロラ 分類 キントラノオ科マルピギア属
旬の時期 5~8月ごろ 主な産地 縄県、鹿児島県など
効果 肌荒れ、風邪、貧血高血圧の予防など(詳しくはアセロラの効果へ)

アセロラの旬は5~8月の初夏から夏にかけて

アセロラは5月から8月の初夏から夏にかけてが旬といわれています。

アセロラはもともとカリブ海の西インド諸島にて栽培されていた食物で、1958年に沖縄に輸入されました。

現在でも、沖縄が主な産地となっていて、暑い夏の時期に旬を迎えるのですね。

アセロラは栄養価の豊富な食物といわれていて、豊富にビタミンC葉酸カリウムβ-カロテンなどが含まれています。

美味しいアセロラを選ぶポイントは、鮮やかな赤色のものを選ぶことで、傷が無く張りもあるものが美味しいです。

余り長持ちしないのがアセロラの特徴で、2日から3日程度で傷みはじめてしまいます。

生で食べきれなかった分は、ジャムやゼリーなどに調理しておけば後でおいしく楽しめます。

関連コンテンツ

関連記事