海苔の旬は?

海苔laver

海苔の旬の時期は12~3月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 海苔 分類 ウシケノリ科
旬の時期 12~3月ごろ 主な産地 佐賀、福岡、兵庫、熊本など
効果 腸を整える、皮膚や粘膜の維持、貧血予防、歯や骨の維持など(詳しくは海苔の効果へ)

12~3月の冬の寒い時期に旬を迎える海苔

海苔の旬は12~3月ごろの冬です。

市販で売られている海苔は、スサビノリやアサクサノリ等で、養殖がほとんどです。基本的に、1年中流通していますが、美味しい旬の時期は冬です。

夏から秋にかけて、河口近くの海にノリヒビ(養殖海苔を付着し成長させる道具)を設置し、初冬から冬にかけて収穫をします。

11月ごろに初摘みをしまし、この時期にとれる海苔が「新海苔」と呼ばれています。新海苔は12月ごろに流通し、もっとも美味しいとされる旬の走りです。

海苔の主な産地は、佐賀、福岡、熊本などの九州と瀬戸内海や東京湾沿岸などです。

特に、佐賀県は生産量が9年連続首位(平成24年現在)となる海苔の産地です。

年間の海苔の国内生産量は、板海苔で約100億枚となっており、日本は海苔を多く消費する国と言えます。

関連コンテンツ

関連記事