ネクタリンの栄養と効能

食品・食材ネクタリン栄養効能
ネクタリンnectarine

ネクタリンの栄養と知られざる効能について

ネクタリンの栄養と効能

ネクタリンの栄養と効能についてご紹介します。

ネクタリンはの変種で、表面の産毛がない桃の総称を指します。ツバキモモやズバイモモとも呼ばれます。

つるっとした表面が特徴で、程よい硬さと酸味が特徴的なフルーツですね。中には、普通の桃よりもネクタリンの方が好き!という方もいるほどです。

ここでは少しマイナーな果物、ネクタリンに含まれている栄養と知られざる効能について紹介します。

若返りのビタミンEがたっぷり!老化を防ぐ効能

ネクタリンには豊富なビタミンEが含まれています。ネクタリン1個あたりに含まれるビタミンEは約2.3mg、普通の桃よりも多くなっています。

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれている栄養です。

理由はその高い抗酸化作用にあります。この作用によって体の錆び付きを防ぎ、肌やカラダそのものの老化を抑えてくれるのです。

ビタミンEの抗酸化作用は健康にも役立ちます。ビタミンEを上手に摂取して細胞膜の酸化や血中コレステロールの酸化を防ぐことで、生活習慣病などの予防にも役立てることができます。

ネクタリンには銅も - ヘモグロビンの合成を助ける役割

ネクタリンには銅も多く含まれています。普段あまり気にしていない栄養である銅には、一体どのような効能を持っているのでしょうか。

銅は筋肉や肝臓、骨などに多く存在している栄養で、ヘモグロビンの合成を助ける役割を担っています。

ヘモグロビンは血液の赤い色素のことで、酸素の運搬役です。銅が不足するとうまくヘモグロビンが合成されなくなり、貧血になったり、疲れや動悸などを起こしてしまいます。

また、銅は体を酸化から守る役割も果たしています。様々な酵素を作るための成分になり、活性酸素を除去し、カラダを酸化から守ってくれているのです。

老化防止のビタミンC!お肌にもいい効能

ネクタリンのビタミンC含有量は、100グラムあたり約10mgです。

さすがにビタミンCの代名詞ともいえる柑橘類には及びませんが、普通の桃よりかは多く含まれています。

ビタミンCは美肌栄養素と呼ばれるほど、美容に大きな効能を持っている栄養です。コラーゲンを作ることでシワを防いだり、メラニン色素の働きを抑制することでシミ・そばかすができるのを妨げたりと、さまざまな美容効果を持っています

しかし、ビタミンCの効果はそれだけではありません。ビタミンCには優れた抗酸化作用があるため、肌や血管の老化を防いでくれます。

ビタミンCは、ビタミンEと一緒に取ると更に効果が増します。両方が効率的に取れるネクタリンは、まさに美容にうってつけの果物と言えるでしょう。

そのまま食べても美味しいネクタリン!保存のきくおすすめレシピ

ネクタリンは甘みと酸味のバランスが良く、そのまま食べても非常に美味しい果物です。

しかし、ネクタリンは日持ちしないという欠点があるので、保存したい場合はジャムにすると良いでしょう。ネクタリンは種が取りやすく適度な酸味があるので、ジャムに適した果物です。

ネクタリンを好みの大きさに荒く切ったら、レモン汁と中火で煮込みます。ネクタリンの半分ほどの量のグラニュー糖を加え、更にとろみが出るまで煮込めば完成です。

熱いうちに瓶に移し、冷蔵庫で保存してください。とても美味しいので、ぜひお試しください。ネクタリンの新たな魅力を発見することができるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事