食品・食材飲料 一覧赤ワイン効能効果
赤ワインred-wine

意外と知らない!? 赤ワインの効能と効果5選

赤ワインの効能と効果

赤ワインがもたらす効能と効果をご紹介します。黒ブドウから醸造される赤ワインは、古くから飲まれてきたお酒で、ヨーロッパが産地として有名ですが、日本でも各地にワイナリーがあります。

白ワインに比べて栄養価が高めと言われる赤ワイン。健康にどのようなプラス効果があるのでしょうか。

今回は、気になる赤ワインの効能や効果について、ご紹介します。

ミネラル成分のクロム ‐ 高血糖や動脈硬化を予防

赤ワインには、ミネラルの一種であるクロムが含まれています。

クロムは豆類や種実類など、さまざまな食品に含まれる栄養素です。

赤ワインに含まれているクロムは、血糖値を下げる作用を持つインスリンの働きをよくし、高血糖を改善したり糖尿病を予防したりする効能があります。

また、脂質の代謝を促してコレステロールや中性脂肪の減少につなげる効果もあるため、動脈硬化の予防にも役立ちます。

モリブデンで貧血予防 ‐ 造血を促進する効能

赤ワインは、ミネラルの一種のモリブデンも含みます。

あまり聞いたことのない名前かもしれませんが、モリブデンは豆類に非常に多く含まれる栄養素です。

モリブデンには尿酸の生成を助ける効能があります。その他、鉄分が不足したときに造血を促し、貧血を予防する効果もあります。

カリウムも含有 ‐ 高血圧やむくみ予防に効果的!

赤ワインには電解質の一種、カリウムも含まれます。

カリウムはとくに野菜や果物、豆類などに豊富に含まれる栄養素です。

カリウムは細胞の浸透圧を調節したり、筋肉の収縮や神経の伝達をよくしたりたりする効果があります。

代謝促進のビオチンも含有 ‐ 肌の健康維持にも効果!

赤ワインは、水溶性ビタミンの一種であるビオチンも含まれています。

ビオチンは幅広い食品に含まれる栄養素で、赤ワイン以外にはレバーに多く含まれます。

また、ビオチンは3大栄養素である炭水化物脂質タンパク質の代謝を促進する効能があります。

さらに、皮膚トラブルの原因となるヒスタミンの生成を抑える効能があり、アトピー性皮膚炎を改善するなど肌の健康維持に効果を発揮します。

豊富なポリフェノール ‐ 抗酸化作用による健康効果に期待

黒ブドウを果皮や種ごと発酵させてつくる赤ワインは、ポリフェノールが豊富です。

「赤ワイン=ポリフェノール」といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

ポリフェノールによるその健康効果が期待され、90年代後半には赤ワインブームも巻き起こりましたね。

ポリフェノールとは、ほぼすべての植物に含まれる色素や苦みの成分を指し、有害な活性酸素から身体を守る抗酸化作用があります。

赤ワインに含まれるポリフェノールの効能については、諸説ありますが、とくに動脈硬化を予防する効果が期待されています。

料理に合わせてぴったりの赤ワインを

赤ワインは味の厚みによって、ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディに分けられます。

ライトボディには、脂の少ない軽めの料理が合う一方、フルボディには脂のたっぷりある濃いめの料理が合います。

さまざまな栄養素が含まれているといっても、アルコールには違いありませんから、飲み過ぎには注意しましょう。

関連コンテンツ

関連記事