炭酸泉とは

炭酸泉carbonated-spring

炭酸泉とは?

炭酸泉とは、炭酸(二酸化炭素)を含んだ温泉のことを言います。

お湯1Lに0.25g以上の炭酸ガスを含んだものを、日本では炭酸泉と呼びます。

この炭酸泉に入ると、小さな泡がカラダに付着します。炭酸泉は普通の温泉よりもカラダが温まるという効果があります。そのため、ぬるめのお湯に長時間入ると、温かさが持続するという特徴があります。

炭酸泉には天然と人工があります。天然炭酸泉は、大分県竹田市にある長湯温泉が挙げられますが、火山活動の多い日本ではあまりないため貴重です。海外では、ドイツの「バーデンバーデン」が有名で、温泉療法に効果があります。

一方、人工炭酸泉は、お湯の中に炭酸ガスを溶け込ませて、人工的に温泉を作ったものです。これは、特殊な技術を使用したもので、天然炭酸泉が少ない日本では、いろいろな用途で使われています。

炭酸泉が、健康にも役立つことから、病院等の医療機関、また、介護施設や温浴施設等でも使用されており、温泉療法として活用されています。

また、美容にも効果があることから、エステティックサロン等でも使用されており、応用範囲が広くなってきています。天然炭酸泉が少ない日本においても、炭酸泉を身近で利用できるようになっています。

関連コンテンツ

関連記事