暑熱順化とは

健康・美容 用語集 > 暑熱順化
暑熱順化heat-adaptation

暑熱順化とは?

暑熱順化とは、簡単に言えば「夏の暑さに耐えられるカラダになること」です。

暑熱の意味は夏の暑さのことで、順化は生物が環境に次第になれ、その環境に適応した性質を持つようになるという意味です。

つまり暑熱順化は、「夏の暑さに適応するために、暑さという環境に適した体質になる」と言う意味で、熱中症を防ぐために大切な対策です。

暑熱順化は、本格的な暑い夏が来る前の時期によく耳にする言葉です。暑さに耐えられるカラダになるには、暑さに慣れることです。例えば、半身浴サウナウォーキングやランニング、自転車(サイクリング)などが暑熱順化に有効だとされています。

期間としては、7~10日ほど継続すると暑熱順化が完成します。また、この時に重要なのが、汗をかくということです。汗をかくことで体温を下げる機能が働きます。

汗をかく機能が高まれば、汗をかくタイミングが早まり、汗に含まれる塩分濃度が下がったり、血流量が多くなります。

暑熱順化が上手にできた人は、たくさん汗をかいて、こまめに水分補給(お水やミネラルを含む飲料)をすることで体液の量を一定に保つことができます。そうすることで熱中症や夏バテを防ぐことができるのです。

関連コンテンツ

関連記事