金時草の栄養と効能について

食品・食材金時草栄養効能
金時草okinawan-spinach

金時草の栄養と効能は? - 鮮やかな紫色が特徴的な葉野菜の働き

金時草の栄養と効能

金時草の栄養や効能に迫ってみたいと思います。

金時草(きんじそう)は金沢を中心として栽培されている紫色の葉っぱが特徴の野菜。別名「水前寺菜」や、沖縄では「ハンダマ」とも呼ばれています。

金沢では伝統的な加賀野菜として古くから親しまれていて、主におひたしや酢の物にして食べられているようです。限定された地域で栽培されているため全国区で販売されているわけではないのですが、近年、金時草が持つ働きが注目を集めています。

金時草に含まれる栄養やその効能がどのようなものなのか、についてご紹介していきます。

金時草に含まれるアントシアニン - 老化防止、眼精疲労の改善

まず金時草に豊富に含まれているのが「アントシアニン」です。

金時草のアントシアニンは、金時草の特徴でもある葉の紫色の部分に含まれています。

アントシアニンはポリフェノールの一種として知られている栄養のひとつで、主に抗酸化作用や眼精疲労な改善などの効能があります。

特に抗酸化作用は老化防止や若返り効果があるとして、注目を集めている成分です。美容や健康維持を目指している女性にとっては、嬉しい働きを持っています。

また眼精疲労の改善効果もあるので、疲れ目に悩んでいる人を中心に目の悩みを抱えている人にもおすすめの栄養です。

β-カロテンで免疫力を高める - 金時草で健康の維持増進に

金時草は緑黄色野菜に分類されているため、「β-カロテン」も豊富に含まれています。

β-カロテンの特徴としては「抗がん作用」「髪や肌、粘膜の健康増進」「視力の維持」などの効能があるとされていて、全体的に免疫力を高めて健康の維持増進をする力を持っています。

そのため免疫力を高めたい人や健康意識の高い人に摂取をおすすめされている栄養です。

また、β-カロテンは視力に関する効能もあります。金時草に含まれるアントシアとの相互作用もあって、目の健康を維持する効果を発揮すると考えられているのです。

GABAの効能や効果 - 血圧が気になる方におすすめの栄養

金時草は、ほかにも「GABA」と呼ばれている栄養成分を含む特徴があります。

GABAとはアミノ酸の一種で、血圧を調整する働きがある成分です。主に血圧が高くなりすぎないように調整する働きがあります。

そのため、金時草を摂取する事で、高血圧の予防や改善効果が期待できるでしょう。

含まれているGABAの量も豊富なので、金時草を大量に摂取しなくても効能の恩恵を受けることができます。血圧に悩んでいる人には食べてほしい野菜として紹介されています。

古くは民間療法でも使用 - 金時草は女性におすすめの野菜

このように美容や健康面に様々な効能が期待される金時草は、古くから単純に食材として食べられていただけでなく、民間療法の一種として利用されていた歴史があります。

と言うのも、美容に関する効能の高さに注目がありました。昔から女性にとって有益な栄養が豊富だとして、主に出産後の女性が食べていたと言われています。

現在では金時草は民間療法として利用されているわけではないものの、アンチエイジングに働く抗酸化物質を含む野菜ですから、女性全般におすすめされている人気の野菜です。

関連コンテンツ

関連記事