プロバイオティクスとは

健康・美容 用語集 > プロバイオティクス
プロバイオティクスprobiotics

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは、腸内の細菌のバランスを整えて人体に有益な働きをする生きた微生物のことです。

プロバイオティクスは、ギリシャ語で生命の益になるという意味です。

一般に善玉菌の仲間とされ、代表的なプロバイオティクスには乳酸菌ビフィズス菌があります。植物性乳酸菌を含むぬか漬け味噌、納豆菌を含む納豆などもプロバイオティクスです。

有害な菌を殺して人体を守る従来の抗生物質の治療を、アンチプロバイオティクスと言います。

抗生物質に頼るよりも、人体に有益をもたらす微生物を増やすことで、有害な菌の育生そのものを抑えて健康にするべきという考えから、1989年にイギリスの微生物学者のフラー博士は、プロバイオティクスの健康や治療への利用を提唱しました。

フラー博士の提唱を受けて、世界保健機関がプロバイオティクスを人体に有益な効果をもたらす微生物群、と定義したことで世界中で研究が始まり、日本でも認知度が高まりました。

プロバイオティクスは腸内環境を整える他にも、血中のコレステロールを下げたり感染に対する抵抗力を上げたりする働きがあり、近年では花粉症予防アトピー性皮膚炎の改善にも効果があることが立証されています。

このことから乳製品業界では、プロバイオティクスを配合した機能性ヨーグルトやサプリメントなどの健康食品が開発されています。

関連コンテンツ

関連記事