行者にんにくの旬は?

行者にんにくalpine-leek

行者にんにくの旬の時期は4~5月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 行者にんにく 分類 ユリ科ネギ属
旬の時期 4~5月ごろ 主な産地 北海道など
効果 老化防止、疲労回復、貧血の予防など(詳しくは行者にんにくの効能へ)

行者にんにくの旬は4~5月の春

行者にんにくの旬は4~5月の春になります。

行者にんにくには、天然物とハウス物があり、天然物は4月から5月の春、ハウス物は1月から2月に旬を迎えます。

ちょうど、春の訪れとともに旬を迎える食材なのですね。行者にんにくは、ユリ科ネギ属の植物で、種うえからから収穫まで5年以上かかるといわれています。

少し前までは、道端に生えていることも多かったですが、現在は天然物が激減しています。

行者にんにくには、にんにくよりも豊富にアリシンが含まれていて、疲労回復や滋養供給に効果があります。

殺菌効果も高く、がんの予防にも効果的といわれています。他にも骨を丈夫にするなど、体にとても良い食材です。

行者にんにくの見立てとしては、葉が開いておらず、葉先までみずみずしく張りがあるものが美味しいです。

関連コンテンツ

関連記事