食品・食材果物 一覧りんご栄養効能
りんごapple

りんごの栄養と効能 - 多彩な栄養効果を持つ万能フルーツ

りんごの栄養と効能

りんごの栄養やその効能などをご紹介します。人類が食した最古の果物と言われているりんご。シャキシャキとした食感と柔らかい甘みが特徴的な果物です。

そのまま食べても美味しいですし、すりおろしたり、ジュースにしたり、ジャムや焼きりんごなど様々な食べ方ができる果物でもあります。

今回はそんなりんごについて、りんごの栄養とその効果や効能をご紹介していきます。

注目の栄養素ペクチンが豊富に - 腸の調子を整える効能

りんごで最初に注目すべき栄養素はペクチンです。

ペクチンとは、食物繊維の一種で、りんごの皮と果肉に含まれています。ペクチンは特にりんごに多く含まれており、みかんやオレンジ、桃、柿、プルーンなどにも含まれています。

ペクチンは腸の有害物質を排泄する働きがあり、腸の調子を整える効能があります。そのため、便秘を解消する効能が期待されます。なお、下痢の時には善玉菌を増殖させる作用もあります。

ペクチンには、そのほかに血糖値を下げる効果やコレステロール値を下げる効能も期待できます。

ポリフェノールも豊富!- 老化やがんの予防効果

りんごにはポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールとは、植物に含まれている色素やアク、渋みなどの成分となる総称です。りんごには、アントシアニンやケルセチンといったポリフェノールの栄養成分が豊富に含まれており、活性酸素を除去する効能があります。

また、体内の活性酸素が除去されることにより、老化防止やがんの予防効果が期待できます。

カリウムも豊富に - 細胞内の水分量や血圧を調整する効果

りんごにはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムはミネラルに分類される栄養素で、細胞内の水分量を調節したり、血圧を安定させたりする効果があります。

また、筋肉の収縮を正常に行う作用もあり、私たちの健康維持に欠かせない栄養の一つです。

もちろんビタミンCも - 美肌やストレス対策にも

りんごにはビタミンCも含まれています。

ビタミンCには、カラダの酸化を防ぐアンチエイジング効果、ストレスの軽減、美肌効果、免疫力の向上といった効能があります。

ちなみに、ビタミンCは約400mgで飽和状態になる栄養素です。したがって、一度に摂取しても、栄養としての摂取量には限界があります。りんごなどを食べてこまめにビタミンCを補充したいですね。

リンゴ酸やクエン酸で疲労回復効果!

りんごにはリンゴ酸やクエン酸といった有機酸が含まれています。

りんごの酸っぱさは、これら有機酸からきています。ちなみに、リンゴ酸はりんごから発見されたことが由来となっています。

リンゴ酸やクエン酸は、ともにTCAサイクルの合成を円滑にする働きがあり、疲労回復に効果的です。

ちなみに、りんごに含まれているクエン酸やリンゴ酸は、すりおろすと細胞膜が壊れ、酵素が活発になる性質を持っています。疲れが激しい時は、りんごをすりおろして食べるのも一つの手です。

エネルギー 水分 タンパク質 脂質 炭水化物 食物繊維 ナトリウム
57kcal 84.1g 0.1g 0.2g 15.5g 1.4g Tr
カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛
120mg 3mg 3mg 12mg 0.1mg Tr 0.05mg
マンガン ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2
0.02mg 1μg 0μg 0.1mg Tr 0.02mg Tr
ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
0.1mg 0.04mg 0μg 2μg 0.03mg 0.5μg 4mg

りんご(皮むき 生)の100gあたりの成分表(Tr:微量、-:未測定「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より)

引用および参考:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)

関連コンテンツ

関連記事