ビーツの旬は?

ビーツbeet

ビーツの旬の時期は6~7月、11~12月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ビーツ 分類 アカザ科トウヂシャ属
旬の時期 6~7月、11~12月ごろ 主な産地 オランダ、ニュージーランドなど
効果 むくみの解消、高血圧の予防、神経機能の正常化など(詳しくはビーツの効能へ)

ビーツの旬は6~7月、11~12月の年2回

ビーツは、年に2度収穫されます。1度目は6~7月、2度目は11~12月ごろです。よって、6~7月と11~12月がビーツの旬となります。

年2回の旬に合わせて市場にも出回るようになります。

ビーツは地中海沿岸が原産とされていて、日本には江戸時代に持ち込まれたといわれています。当時は、火焔菜(カエンサイ)と呼ばれていました。

ビーツは、赤い実が食用とされていますが、葉の部分も食べられないわけではありません。

ただし、味にクセが出てくるので食べられずに捨てられてしまうことも多いようです。

スーパーなど国内ではあまり見かけないビーツですが、野菜直売所や道の駅などでは見かけることがあります。

おもな産地は、オランダ、ニュージーランド、オーストラリアなど。

主に輸入品となりますが、国内でも長野県や茨城県などで、赤ビーツを中心として栽培されています。

関連コンテンツ

関連記事