クローブclove

料理やアロマオイルにも!クローブの効能と効果とは?

クローブとスプーン

クローブの効能と効果をお伝えします。クローブは、インド料理でおなじみのスパイス。日本でもその知名度が上がりつつあります。

ピリっとした風味が特徴で、甘く濃厚な香り。カレーのガラムマサラや肉料理に使われることの多いスパイスです。

日本名では「丁子(ちょうじ)」と呼び、また「歯医者さんのハーブ」とも。古くから世界中で幅広く医療に使われ、歯科医院でも局所麻酔剤として活用されています。

今回は、そんなクローブの効能や効果について、詳しくご紹介していきます。

オイゲノールの効能消臭や鎮静効果 - 口臭や体臭予防に

クローブには、消臭や鎮静の効果があります。

オイゲノールはクローブ特有の香りの成分です。消臭効果があるため、口臭や体臭予防の効能に有効です。

カラダや口の臭いが気になる方は、オイゲノールを含むクローブを料理に利用して摂取してみましょう。

また、オイゲノールには鎮静効果もあり、喉や歯の痛み止めの効能もあります。

抗菌作用も期待される成分なので、クローブは風邪や感染症の予防にも役立つとされています。

胃腸薬など医薬品の原料として使用される - 胃を健康に保つ効能

クローブには、の健康を保つ効能があります。

クローブは、消化酵素の分泌を促し、胃の消化機能を高める作用があります。そのため、胃腸薬にも含まれています。

また、胃やカラダ全体を温める効果もあり、冷えからくる胃腸の不調などにも有効です。

クローブはこの他にも、食中毒の予防、消化不良、下痢などの予防や、腸内に溜まったガスを排出させる働きもあります。

クローブの香りで集中力のアップ - 高揚感を高める作用も

クローブの香りには刺激作用や高揚作用があります。

クローブの独特なスパイシーな香りによる刺激が、集中力や記憶力を高めるのに有効で、仕事や勉強の能力を高めることができます。

また、気分を高めてくれる効果もあり、スッキリと前向きな気持ちにさせてくれるとも言われます。

気分が乗らない、落ち込んでいるときなどは、クローブの香りを嗅ぐことでやる気を起こさせてくれるでしょう。

反対に、高まり過ぎた気持ちを静め、落ち着かせてくれる効能もあります。

三大栄養素の代謝を促進する効能 - マンガンが酵素の構成成分に

クローブには三大栄養素の代謝を促す効能があります。

クローブにはミネラルの一種であるマンガンが含まれています。マンガンには三大栄養素であるタンパク質炭水化物脂質などの代謝を促す効能があります。これは代謝に必要な酵素の構成成分となるためです。

また、マンガンの効能や効果には神経伝達をスムーズにする作用もあります。神経伝達をコントロールして、神経機能を正常にする働きがあります。

健全な骨や歯の成長にも - カルシウムの効果や働きとは?

クローブには、骨や歯を健全に成長させる効能があります。

クローブの栄養にはカルシウムも含まれています。カルシウムの働きは、骨や歯を丈夫に健康的に成長させます

また、マンガンもカルシウムやリン、マグネシウムとともに骨の形成に関わる大切な成分。骨の石灰化を促して骨粗鬆症を予防します。

不足すると、骨や歯の強度が弱まり、骨折などのケガのリスクも高くなります。

クローブは防虫剤の効果を期待!

クローブは、防虫剤としての作用も期待できます。香り成分であるオイゲノールの香りを虫が嫌うためです。

乾燥したクローブやエッセンシャルオイルを布に数滴吸い込ませ、タンスやクローゼットにしのばせると、優れた防虫効果を発揮します。

衣類に付いたクローブの香りが、汗や加齢臭などの消臭にも役立ちますし、アロマテラピー効果で沈んだ気分を高揚させる効能も発揮します。

また、クローブは歯磨き粉にも利用されていますが、生産地のインドネシアではタバコの材料になっています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク