レバニラの栄養と効果

食品・食材レバニラ栄養効果
レバニラrebanira

女性にも食べてほしい!!レバニラの栄養は美容にも効果的

レバニラの栄養と効果

疲労回復効果があると言われているレバニラは、スタミナ回復の定番メニュー。

豊富な栄養素を含むレバニラですが、特に女性のなかにはレバーニラ独特の臭いやイメージから敬遠する方も多いようです。

しかし、レバニラには女性にうれしい効果がたくさんあることをご存じですか?

今回は、そんなレバニラの知られざる栄養成分と効果について、詳しくご紹介します。

ビタミンAがたっぷり! - 嬉しい美肌効果あり

レバニラのレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。また、ニラには体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが含まれています。

ビタミンAには、視力を正常に維持する働きや、皮膚を健やかに保つ働きがあり、女性に嬉しい美肌効果も期待できます。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油と一緒に取ると吸収率がUPするため、レバニラは理想的なメニューです。

レバニラは、疲労回復のイメージが強いですが、美肌のためにもせめて月1でレバニラを食べて効果を得るものいいでしょう。

ビタミンB1 - 疲労回復効果あり、炭水化物をエネルギーに変える

レバニラには、ビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は、炭水化物などの糖質をエネルギーに変える働きがあります。そのため、炭水化物を多くとる方や激しい運動をする方は、大量のビタミンB1を消費します。

ビタミンB1が不足すると、エネルギーが作れなくなり疲れやすくなるほか、脳が正常に働かなくなります。

アリシンも豊富 - ビタミンB1の吸収を高めて疲労回復効果を持続

ニラ独特の強い香りの正体は、アリシンという成分です。

アリシンは加熱することで、スコルジニンという成分に変化し血圧コレステロールを抑制する効果があります。

またアリシンは、ビタミンB1と結びつくと、アリチアミンという物質になり、体内に長く留まります。

ビタミンB1だけではすぐに体外に排出されてしまうのですが、アリチアミンになるとより長く疲労回復効果を持続できるのです。

ビタミンB12 - 赤血球を作るのに欠かせない栄養素

レバーに含まれるビタミンB12は、赤血球を作るために不可欠な栄養素です。

長期にわたって欠乏状態が続くと、悪性貧血を起こす恐れがあるため定期的な摂取が必要です。

ビタミンB12は、特に牛のレバーに多く含まれているため、牛肉のレバーを使用したレバニラもおすすめです。

鉄分が豊富 - 貧血予防に最適!女性の強い味方

レバニラのレバーには鉄分が豊富に含まれているため、貧血気味な方や生理で鉄分不足になりやすい女性におすすめの食材です。

貧血を予防するには、鉄分はもちろんタンパク質葉酸、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素が必要です。

レバーはその全てを含み、ニラもβ-カロテンだけでなくビタミンCがたっぷり含まれています。

レバニラの気になる口臭を軽減するには

食べた後の臭いが気になるという方は、ぜひ食前にコップ一杯の牛乳を飲んでみてください。

レバニラの臭いの原因、ニラに含まれるアリシンは、牛乳のタンパク質と結びつくと口臭を軽くしてくれることが分かっています。

食後のお茶やコーヒーも、口臭を軽くする効果が期待できます。

関連コンテンツ

関連記事