食品・食材飲料 一覧ウイスキー効能効果
ウイスキーwhisky

ウイスキーに隠された効能・効果5選をご紹介

ウイスキーの効能と効果

芳醇な香りとまろやかな味わいが魅力のウイスキー。

「男性のお酒」のイメージが強いウイスキーは、ここ数年のハイボールブームにより、女性ファンを一気に獲得しました。

ウイスキーは蒸留酒の一種で、大麦・ライ麦・トウモロコシを原料に作られ、とくに熟成のために使われるオーク樽が、ウイスキーの芳醇な香りを生み出します

今回は、ウイスキーの驚くべき効能・効果についてです。

細胞の老化や変質を防ぐ効能 – エラグ酸の働き

ウイスキーは、ポリフェノールの一種であるエラグ酸が含まれるのが特徴です。

エラグ酸には強い抗酸化作用があるため、体内の活性酸素を除去し細胞の老化や変質を防ぐ効能が期待できます。

そのため、肌の悩みであるシミやソバカス・くすみを防ぐ美白効果、生活習慣病の予防や改善に効果があります。

アンチエイジングの効果あり – リオニレシノールの効果

ウイスキーには、リオニレシノールも含まれています。

リオニレシノールはポリフェノールの一種で、抗酸化作用が強い栄養のためアンチエイジングに効果があります。

また、細胞の変質を防ぐ働きもあることから、ガン予防の効能があるとされます

リオニレシノールは、ウイスキーのほかにも梅干しに含まれています。

ストレス解消にも効果的 – 心身をリラックスさせる効能

ウイスキーは、適度な摂取で心身をリラックスさせる効能があります。

ウイスキーを飲むと、全身の血行が良くなって脳の働きもゆるやかになるため、気分が和らぎます。

また、樽から移った芳醇な香りは森林浴の効果があり、さらに心身ともにリラックスさせてくれるので、ストレスの解消にも効果があります。

飲み過ぎはいけませんが、ほろ酔い程度の量を飲むことは、忙しい現代人にとって癒し効果を発揮するでしょう。

脳卒中のリスクが低減 – 動脈硬化を予防&血液サラサラ効果

ウイスキーには、動脈硬化の予防や、血液をサラサラにする効能もあります。

ウイスキーに含まれるポリフェノールの働きや、血流を促す作用が、心臓疾患や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。

これによって、日本人に多いとされている脳卒中の予防にも効果が期待できます

記憶力の向上 – 血行促進で脳の血流量がアップ!

ウイスキーには、記憶力を向上させる効能もあることをご存じでしょうか。

ウイスキーの抗酸化作用や、血行を促進することで、脳内の血流量が増えて頭が冴えやすくなります。

これによって、記憶力の向上や、頭の回転が早くなるとも言われ、さらに認知症予防にも効果的です。

関連コンテンツ