里芋の旬は?

里芋taro

里芋の旬の時期は9~10月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 里芋 分類 サトイモ科サトイモ属
旬の時期 9~10月ごろ 主な産地 千葉、埼玉、新潟など
効果 むくみ高血圧予防、粘膜の保護(詳しくは里芋の効果へ)

里芋の旬は9~10月 多く種類があり茎まで食べられる

里芋の旬は9~10月になります。これは一般に出回る小ぶりの里芋の旬で、種類の多い里芋、それぞれ旬に多少の違いがあります。

里芋には、一般に流通している石川早生や土垂や、セレベス、八頭、頭芋など様々な種類があり、茎はずいきと呼ばれ「いもがら」として食べられます

縁起物として日本で一番使用されるのは八頭や頭芋で、その旬は12月から1月になります。丁度、お節料理の時期が一番おいしく食べられるのですね。

国内では関東地方を中心に様々なエリアで作られていて、特に千葉県の生産量が高く、次いで埼玉県、新潟県と続きます。

里芋はカリウムを多く含んでいて、動脈硬化の予防効果があるといわれています

里芋は、ふっくらと丸みがあり、表面に傷が無いものが美味しいとされていて、保存する際は、新聞紙にくるみ風通しの良い場所に置くのがポイントです。

土がついている場合は、洗わず常温保存が長持ちします。

関連コンテンツ

関連記事