春菊のカロリーと糖質を比較を交えて分析していきます。

食品・食材野菜 一覧春菊カロリー糖質
春菊garland-chrysanthemum

春菊のカロリーと糖質

春菊

カロリー

22kcal(100g)

全食品の中で

低い

野菜の中で

やや低い

糖質

0.7g(100g)

全食品の中で

少ない

野菜の中で

少ない

春菊のカロリーは?

春菊(葉、生) 22kcal
ゆで 27kcal
野菜平均 36kcal
全食品平均 212kcal

春菊のカロリー(100gあたり)は22kcal。グラフは春菊(生、ゆで)と野菜平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。

野菜の平均カロリーは36kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、春菊のカロリーは野菜の中ではやや低く、全食品の中では低い水準にあることが分かります。

春菊1パックの重さは約170~200gですので、標準的な春菊1パック分のカロリーは約37~44kcalとなります。1パックは結構な量になりますが、それでもこの程度のカロリーです。ヘルシーな食材と言えますね。

春菊はキク科の植物で、春に菊のような花を咲かせることからこの名がつきました。独特の香りが特徴ですね。ちなみに春菊は、ゆでると水分量が減るため、100gあたりで換算するとゆでた方がカロリーは高くなります。

春菊の糖質は?

春菊(葉、生) 0.7g
ゆで 0.8g
野菜平均 3.6g
全食品平均 18.5g

春菊の100gあたりの糖質は0.7gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。春菊の炭水化物量は3.9g、食物繊維量は3.2gですので、差し引いた糖質量は0.7gとなります。

野菜の100gあたりの平均糖質量は3.6g、全食品の平均は18.5gですので、春菊の糖質は他の野菜の平均と比較して少なく、全食品の平均と比較しても少ないことが分かります。

ちなみに、春菊1パック分の重さは約170~200gとなりますので、1パック分の糖質量は1.1~1.4g程度となります。

こちらもカロリー同様に低い水準ですね。生とゆでの糖質量もほとんど変わりありませんでした。

他の野菜とのカロリー&糖質 比較

上のグラフは春菊と主な野菜との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。

春菊のカロリーはニラとほぼ同等、糖質は小松菜とほぼ同じ水準でした。他の野菜と比較しても、カロリー、糖質ともに低めの水準であることが分かります。

他の野菜を見てみますと、レタスの糖質がやや高く、パセリモロヘイヤのカロリーがやや高いのが分かりますね。

栄養も豊富でカロリー、糖質ともに低い

春菊のカロリーと糖質を見てきましたが、いずれも低い水準であることが分かります。ヘルシーな野菜に分類されるため、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。

春菊はβカロテンやナトリウムなどの栄養を豊富に含み、風邪や肌荒れを予防する効能があります。

関連記事:春菊の素晴らしい栄養と効能5選

鍋などに入れても美味しいですので、ぜひ積極的に春菊を食べていきましょう。

関連コンテンツ