きなこのカロリーと糖質をグラフと共にご紹介します。

食品・食材きなこカロリー糖質
きなこkinako

きなこのカロリーと糖質

きなこ

カロリー

450kcal(100g)

全食品の中で

高い

豆類の中で

高い

糖質

10.4g(100g)

全食品の中で

やや少ない

豆類の中で

標準的

きなこのカロリーについて

きなこ(きなこ(全粒大豆)) 450kcal
きなこ(脱皮大豆) 451kcal
豆類平均 200kcal
全食品平均 212kcal

きなこのカロリー(100gあたり)は450kcal。グラフはきなこの全粒と脱皮、豆類平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。

豆類の平均カロリーは200kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、きなこのカロリーは豆類の中では高く、全食品の中では高い水準にあることが分かります。

きなこ大さじ1杯分の重さは6gですので、大さじ1杯分のカロリーは27kcalとなります。

100gで換算すると100g中450kcalとカロリーは高く感じますが、実際にきなこを100gも食べることはありませんね。大さじ1杯分26kcalではさほど高いカロリーではありません。

きなこは大豆を煎ってから粉末にしたものです。加熱することで大豆の臭みが抜け、香りが高いのも特徴ですね。

きなこの糖質は?

きなこ(きなこ(全粒大豆)) 10.4g
きなこ(脱皮大豆) 14.2g
豆類平均 10.2g
全食品平均 18.5g

きなこの100gあたりの糖質は10.4gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。きなこの炭水化物量は28.5g、食物繊維量は18.1gですので、差し引いた糖質量は10.4gとなります。

豆類の100gあたりの平均糖質量は10.2g、全食品の平均は18.5gですので、きなこの糖質は他の豆類の平均と比較して標準的、全食品の平均と比較してもやや少ないことが分かります。

ちなみに、きなこ大さじ1杯の重さは約6gとなりますので、大さじ1杯分の糖質量は0.6g程度となります。

きなこの炭水化物は食物繊維が豊富で、特に不溶性食物繊維を多く含みます。そのため、糖質はそれほど含まれていません。

一度に大量に食べることはなく、さらに大さじ1杯でも1gにも満たないので、きなこの糖質摂取量は気にする必要ないでしょう。

他の豆類とのカロリー、糖質 比較

上のグラフはきなこと主な豆類との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。

他の豆類と100gで比較するときなこのカロリーと糖質量はダントツに高くなりますが、一食の量で換算すればどちらも低いと言えるでしょう。

豆乳豆腐のカロリーと糖質はあまり変わりませんが、納豆は大豆よりも糖質が3倍ほど多くなります。

食べ方次第で高水準にも低水準にもなる - 良質なタンパク質がたっぷり

きなこのカロリーと糖質を見てきましたが、100gで換算するとカロリーは高いですが、実際食べるとなるとカロリーも糖質もそれほど多くは摂らないでしょう。

きなこは良質なタンパク質イソフラボンが豊富です。和のスイーツで食べるでなく、ダイエット美容にと牛乳に混ぜて飲む方が増えています。

また、便通を促す食物繊維や糖質に含まれるオリゴ糖などももあるので、お腹の調子を整えるにも最適な食品です。

関連コンテンツ