メープルシロップのカロリーと糖質をお伝えします。

食品・食材メープルシロップカロリー糖質
メープルシロップmaple-syrup

メープルシロップのカロリーと糖質

メープルシロップ

カロリー

257kcal(100g)

全食品の中で

やや高い

砂糖、甘味類の中で

やや低い

糖質

66.3g(100g)

全食品の中で

かなり多い

砂糖、甘味類の中で

やや少ない

メープルシロップのカロリーは?

メープルシロップ 257kcal
砂糖、甘味類平均 334kcal
全食品平均 212kcal

メープルシロップのカロリー(100gあたり)は257kcal。グラフはメープルシロップと砂糖、甘味類平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。

砂糖、甘味類の平均カロリーは334kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、メープルシロップのカロリーは砂糖、甘味類の中ではやや低く、全食品の中ではやや高い水準にあることが分かります。

メープルシロップ大さじ1杯の重さは21gですので、大さじ1杯分のカロリーは54kcalとなります。

メープルシロップはサトウカエデの樹液を煮詰めて濃縮した、天然の甘味料です。最も多く含まれる栄養素は炭水化物です。

多様な効果効能を持つはちみつと比べられることが多い甘味料ですが、カロリーはメープルシロップの方が低くなります。

エキストラからダークと5つの種類があり、それぞれ味わいやコクが違ってきます。また、メープルシュガーやバターなどもあります。

メープルシロップの糖質は?

メープルシロップ 66.3g
砂糖、甘味類平均 87.1g
全食品平均 18.5g

メープルシロップの100gあたりの糖質は66.3gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。メープルシロップの炭水化物量は66.3g、食物繊維量は0.0gですので、差し引いた糖質量は66.3gとなります。

砂糖、甘味類の100gあたりの平均糖質量は87.1g、全食品の平均は18.5gですので、メープルシロップの糖質は他の砂糖、甘味類の平均と比較してやや少なく、全食品の平均と比較するとかなり多いことが分かります。

ちなみに、メープルシロップ大さじ1杯の重さは約21gとなりますので、大さじ1杯分の糖質量は13.92g程度となります。

メープルシロップの主な主成分は炭水化物ですが、中でも多いのがショ糖です。比較されやすいはちみつはブドウ糖が主な主成分で、カロリーだけでなく糖質もメープルシロップの方が少なくなります。

糖質量は甘味料の中ではやや低めですが、あくまでも甘味料の中での範囲です。パンケーキにかければさらに糖質の量が多くなるので、一度に使う量には注意しましょう。

他の食品とのカロリーと糖質の比較

上のグラフはメープルシロップと主な食品との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。

メープルシロップと同じ甘味料であるはちみつと黒砂糖とで比較すると、メープルシロップのカロリー、糖質の方がともに低いのが分かります。特に黒砂糖のカロリーと糖質量は1.3倍ほども高くなります。

また、ココアはメープルシロップよりもカロリーが高いですが、脂質が多いので糖質量は低くなります。ここに甘味料を加えるとさらにカロリー、糖質が増えるので、使う量には注意しましょう。

甘味料の中ではカロリー、糖質量はやや低め - 風味をうまく利用しよう

メープルシロップのカロリーと糖質は全食品中では高めですが、甘味料の中ではやや低めの範囲です。ただし、カロリーも糖質もしっかりとある甘味料であることには違いありません。

メープルシロップは独特の風味があるので、砂糖やガムシロップよりも満足感を得られやすいでしょう。料理ではコクがでますし、コーヒー紅茶などに甘味料を使う場合は砂糖よりもメープルシロップで代用するのがおすすめです。

ポリフェノールの種類が豊富で美容アンチエイジング効果が期待されています。また、体の健康を維持するミネラルなど含まれています。

関連コンテンツ