唐辛子red-pepper

辛みだけじゃない!唐辛子の効能と含まれる栄養をご紹介

唐辛子の効能と栄養

辛みが刺激的な香辛料である唐辛子。

唐辛子は、キムチや七味、麻婆豆腐などの四川料理、そして料理の彩にも使われます。また、唐辛子の仲間にはししとうピーマンなどがあります。

激辛料理のブームにより、近年ますます注目が集まっている唐辛子。

今回は、そんな唐辛子の効能と栄養について詳しくご紹介していきます。

注目の栄養成分カプサイシン – 体脂肪を燃焼させる効能

唐辛子に含まれる栄養素の中でも、もっとも特徴的な成分がカプサイシンです。

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、体内の余分な体脂肪を燃焼させる効能があります。

カプサイシンは、脂肪燃焼を促進、さらに発汗作用や食欲増進の効果もあり、ダイエット効果や健康的な体づくりをサポートをしてくれます。

また新陳代謝を活発にさせる働きもある栄養素で、体を温め冷え性を改善する効能があります。

β-カロテンも多め - アンチエイジングに効能あり!

唐辛子には、β-カロテンも多く含まれています。

β-カロテンは、緑黄色野菜など色の濃い野菜に多く含まれており、強い抗酸化作用を持つことで有名な栄養です。

細胞の老化を防止する働きがあり、アンチエイジングに大きな効能があります。

ビタミンEを豊富に含む – さびないカラダをつくる!

ビタミンEを豊富に含んでいるのも唐辛子の特徴のひとつです。

ビタミンEは、脂溶性のビタミンで、こちらも強い抗酸化作用を持つ栄養です。

血流を良くする働きもあるビタミンEには、血色を良くしてイキイキとしたお肌を保つ効能があります。

唐辛子は食材の虫除け効果も

唐辛子は、食材の虫除けとしても使えることをご存じでしょうか?

米びつに唐辛子を数個入れると、米に害虫がつくのを防ぐ効果があります。

ただし、一度に大量に食べるとが荒れる原因となるので、食べ過ぎには気をつけてください。

関連コンテンツ

関連記事