食品・食材野菜 一覧ケール栄養効能
ケールkale

青汁で知られるケールの栄養と効能を解説

ケールの栄養と効能

ケールの栄養と効能についてお伝えしていきます。「青汁」の材料としてみなさんご存知の、ケール。

主な産地は島根県や茨城県などですが、野菜として出荷されるほか、青汁専用として栽培されているものも多くなっています。

ケールの葉は、一見すると緑色の濃いキャベツのようにも見えますが、形は長楕円形をしているのが特徴です。また、大きいものでは葉が60cm以上になるというから驚きですね。

今回は、そんなケールについて、ケールにはどのような栄養が含まれているのか、また効能について詳しく解説していきましょう。

ケールは野菜トップクラスのカルシウム - 骨粗鬆症予防の効能

ケールにはカルシウムを多く含んでいますが、これは野菜の中でもトップクラスです。

野菜でカルシウムのイメージがないかもしれませんが、ケールにはカルシウムが豊富に含まれているんですね。

カルシウムは、骨や歯の形成に欠かせない栄養であり、骨粗鬆症の予防の効能もあります。

また、神経の興奮を抑える働きもあり、不足するとイライラしやすくなるため、しっかりと摂取したい大切な栄養です。

カルシウムは、ビタミンDと取ると吸収力がアップし、より効能を高めることができます。

β-カロテンが豊富に含まれている!- 強い抗酸化作用で活性酸素除去

ケールには、β-カロテンの栄養も豊富に含まれています。

ケールに含まれているβ-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれる栄養で、強い抗酸化作用をもたらすのが特徴です。

体内の活性酸素を除去することで、アンチエイジングやガン抑止にも効能があるとされています。

β-カロテンは、必要に応じて体内でビタミンAにも変換され、粘膜の強化などさまざまな効能をもたらします。

豊富なビタミンC含有量!- 活性酸素除去とストレス抑制に効能

ケールは、ビタミンCを豊富に含んだ野菜としても知られています。

ビタミンCは活性酸素を除去する栄養で、体内の老化を防ぐアンチエイジングの効能も期待できます。

また、ビタミンCは、ストレスを減らす作用をする副腎皮質ホルモンの合成を促すので、ストレス対策にも効果大です。

ケールは青汁でも簡単に摂取できますので、こまめにビタミンCを摂るようにしましょう。

ケールにはビタミンKも - 止血効果や骨を丈夫にする効能あり

ケールには、ビタミンKも多く含まれているのが特徴です。

ビタミンKには、血液を正常に凝固させる作用のある栄養で、止血を促す効能があり、「止血のビタミン」とも呼ばれています。

さらにビタミンKは、カルシウムをサポートして、骨を丈夫にしたり骨粗鬆症を防いだりする効能もあります。

特に女性の閉経期などに、多く摂りたい栄養素のひとつです。

女性に必要な栄養、葉酸も豊富!- 貧血の予防に効果的

ケールには、女性に欠かせない栄養素である葉酸もたくさん含んでいます。

葉酸は、DNAやタンパク質の合成を促すため、細胞の新生に深く関わる栄養として知られています。

また、ビタミンB12とともに造血に関わり、貧血予防にも有効で、「造血のビタミン」とも呼ばれています。

特に妊娠期及び妊娠を望む女性にとっては、胎児の先天異常を抑止する点でも重要な栄養のひとつとなります。

パントテン酸 - エネルギー生産と新陳代謝が活発になる効能

ケールには、パントテン酸も比較的多く含まれています。

パントテン酸は、3大栄養素の補酵素として働くコエンザイムAの構成要素であり、エネルギーの生産と代謝に関与しています。

また、抗ストレス作用をもたらす副腎皮質ホルモンの分泌も促し、ストレス抑止の効能も期待できます。

「ケール」と「大麦若葉」、栄養価の違いは?

栄養豊富で青汁として知られる「ケール」ですが、同様に「大麦若葉」も青汁の原料として知られていますね。

この二つの野菜、どちらが栄養が高いのでしょうか?

ケールはビタミンC、カルシウム、β-カロテン、ビタミンEにおいて大麦若葉よりも高い栄養を誇ります。一方、葉酸と食物繊維は大麦若葉の方がやや多く含まれています。

総合的な栄養でみると、ケールに軍配があがりそうですね。

最近ではどちらも配合された青汁も売られていますので、そういったものをチョイスするもの良いかもしれません。

関連コンテンツ

関連記事