食品・食材野菜 一覧ゴーヤ栄養効能
ゴーヤbitter-melon

苦味がポイント!ゴーヤの栄養と効能をチェック!

ゴーヤの栄養と効能

ゴーヤに含まれている栄養と効能をご紹介します。

ゴーヤの別名はニガウリ。原産地は熱帯アジアで、江戸時代ごろに沖縄に渡来し、食されてききました。

近年では、ゴーヤチャンプルーなど沖縄の食文化も他県に広く伝わり、日本の定番の野菜となりつつあります。夏場の暑い時期には美味しい野菜ですね。

今回はそんなゴーヤについて、気になる栄養と効能をご紹介していきます。

苦味がポイント! モモルデシン - 血圧を下げる、夏バテ防止、食欲増進

ゴーヤで最も注目すべき栄養成分はモモルデシンです。

モモルデシンとは、数種類のサポニンと20種類のアミノ酸で構成されている栄養成分で、ゴーヤの強い苦味のもととなります。

モモルデシンは血圧や血糖値を下げる効果や、肝機能の強化、夏バテ防止、食欲を増進させるなど多くの効能があります。

ゴーヤは夏の野菜ですのでカラダを冷やす作用があります。モモルデシンの夏バテ防止効果もありますので、まさに夏に食べたい野菜ですね。

ビタミンCもたくさん!- ストレス対策や美肌効果に

ゴーヤにはビタミンCもたくさん含まれています。

ビタミンCと聞くと、レモンなどの果物をイメージしがちな栄養ですが、ゴーヤのような野菜にもビタミンCはたくさん含まれています。

ビタミンCは、ストレス対策や日焼け防止、肌に潤いやハリを与えるなどの効能があります。

また、ビタミンCには、老化の元となる活性酸素を除去する働きがあり、カラダの老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。

実はβ-カロテンも豊富!- 老化防止やがんを予防する効果

ゴーヤには実はβ-カロテンも豊富に含まれています。

これはちょと意外な栄養素ですね。β-カロテンは人参から発見されたカロテノイドの一種で、体内で必要に応じてビタミンAに変換する作用があります。

β-カロテンには、カラダを酸化から守る抗酸化作用があり、老化防止やがん予防などの効能があります。

ちなみに、β-カロテンは必要に応じてビタミンAに変換されますが、ビタミンAには目の健康を守る働き、皮膚や粘膜を正常に保つ効能、強い抗酸化作用などがあります。

ゴーヤにはビタミンKも- 血液凝固や骨を形成する働き

ゴーヤにはビタミンKも含まれています。

ビタミンKは脂溶性ビタミンに分類される栄養で、正常な血液凝固を促す効果があります。

また、骨を形成する働きがあり、カルシウムを骨に取り込む作用があります。女性ホルモンが低下する閉経後の女性には、ビタミンKは特に必要な栄養素です。

ビタミンKはゴーヤのほかに、モロヘイヤ納豆あしたば小松菜などに多く含まれています。

エネルギー 水分 タンパク質 脂質 炭水化物 食物繊維 ナトリウム
17kcal 94.4g 1.0g 0.1g 3.9g 2.6g 1mg
カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛
260mg 14mg 14mg 31mg 0.4mg 0.2mg 0.05mg
マンガン ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2
0.10mg 17μg 0μg 0.8mg 41μg 0.05mg 0.07mg
ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
0.3mg 0.06mg 0μg 72μg 0.37mg 0.5μg 76mg

ゴーヤ(生)の100gあたりの成分表(「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より)

引用および参考:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)

関連コンテンツ

関連記事