レンコンの旬は?

レンコンlotus-root

レンコンの旬の時期は11~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 レンコン 分類 スイレン科ハス属
旬の時期 11~2月ごろ 主な産地 茨城県、徳島県など
効果 美肌効果、風邪予防、高血圧便秘の予防など(詳しくはレンコンの効能へ)

旬の時期は11~2月ごろ 収穫には時間がかかる

レンコンは11~2月ごろの時期に旬を迎えます。

レンコンの旬は寒くなりだした11月から冬にかけてです。ちょうど、晩秋からお節料理の季節が、レンコンの美味しい時期なんです。

レンコンの収穫が始まる時期は9~10月の秋です。レンコンは「はす」の地下茎なので収穫には困難を伴います。収穫方法はホースからの水圧で行う「水掘り」、水を抜き、干した状態で行う「くわ掘り」があります。

蓮田から収穫されたレンコン

蓮田(ハスを栽培する田)から収穫されたばかりのレンコン

ちょうど秋ごろになるとホースでのレンコンの収穫作業が話題になりますね。インパクトがあるので、TVなどで見た方もいるのではないでしょうか。

レンコンは収穫に時間がかかるため秋から順次掘り取られます。旬はその後の晩秋から冬の時期になります。

レンコンの主な産地と旬 - 生産量1位はダントツの茨城県

国内のレンコンの主な産地と生産量、旬の時期を見ていきましょう。

  産地 生産量(t) 旬の時期
1 茨城県 29,000 11~2月
2 徳島県 5,380 9~12月
3 佐賀県 4,270 10~12月

レンコンの主な産地と生産量(平成27年)

表を見ますと茨城県の生産量が断トツに多いのが分かりますね。国内に流通するレンコンの約50%が茨城県で栽培されています。徳島県、佐賀県が続きます。

茨城県のレンコンの旬の時期と特徴

国内での生産の約50%を占めるのが茨城県産のレンコンです。東京市場では約9割のシェアを誇ります。

茨城県産の旬の時期も他の地域と同様に11~2月ごろです。特に、9~10月の収穫が始まった頃が最も美味しい時期と言えるでしょう。旬のレンコンは水分が多く含まれていて美味しいと言われます。

茨城県産のレンコンを切った写真

新鮮な茨城県産のレンコン

茨城県には日本2位の広さを誇る湖、霞ヶ浦があり、レンコンの栽培はほぼ霞ヶ浦周辺で行われています。レンコン栽培には肥えた土壌と高い水温が必要ですが、霞が関周辺にはこうした条件が整っているんですね。

茨城県産のレンコンは丸々とした肉厚と繊維質が細かく、ほんのりとした甘味が特徴的です。特に、旬のレンコンはとっても美味ですので、関東近郊の方はぜひ味わってみて下さい。

関連コンテンツ

レンコンと同じ季節に旬を迎える野菜

  野菜名 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
カリフラワー カリフラワー              
ケール ケール              
春菊 春菊              
大根 大根              
人参 人参              
ブロッコリー ブロッコリー              
ビーツ ビーツ              
ユリ根 ユリ根              

12月に旬を迎える食材一覧を見る>>