わらびの旬は?

わらびbracken

わらびの旬の時期は3~6月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 わらび 分類 ワラビ科ワラビ属
旬の時期 3~6月ごろ 主な産地 山形県、秋田県など
効果 老化防止、視力改善、二日酔いの防止など(詳しくはわらびの効果へ)

わらびの旬は3~6月の春から初夏にかけて

わらびの旬は3月~6月ごろです。ちょうど春から初夏にかけてに旬を迎えます。

わらびは日本各地に自生して採れるため、地方によって時期に開きがありますが、九州で3月中旬頃から始まり、本州で4月中旬から5月初め、東北などでは6月初旬頃に旬を迎えます。

わらびはシダ植物の一種で、葉が開く前の若芽の部分が食用とされる山菜です。

わらびは山奥に入らなくても、日本全国の里山で採れる身近な山菜ですが、全体の約34%が山形県、次いで秋田の生産量が多く、青森、福島など東北地方で採取されるものが美味とされています。

早い時期に採れる地方の物が2月頃から出回り始め、6月頃までが流通シーズンです。

わらびには、あおわらびと呼ばれる青系統のものと、むらさきわらびと呼ばれる紫褐色系統のものがあり、青系統のものが山菜として一般的に利用されています

春の食材として有名なわらびと同様に、春から初夏に旬を迎える野菜は、うどせりふきのとうなどの山菜や、キャベツ玉ねぎなどです。

わらびは中毒を起こすため、必ずアク抜きする必要があります。

お浸しや味噌汁の具、天ぷらにしたり、炊き込みご飯の具材にしたりしても春の訪れを感じられる食材です。

関連コンテンツ

関連記事