食品・食材オリーブオイル効能効果
オリーブオイルoliveoil

オリーブオイルの効能-知る人ぞ知る驚きの5つの効果

オリーブオイルの効能と効果

オリーブオイルの効能と効果についてご紹介します。近年、話題のオリーブオイル。TVや雑誌などでも多く取り上げられる食品の一つですね。

オリーブオイルはその名のとおり、オリーブの実から摂れる植物油です。加熱せずに生の状態で絞るためフレッシュなオイルです。

なんとなくカラダに良いとは聞いているものの、どのような効能があるのかと聞かれると具体的に説明しにくいかと思います。

今回はそんなあなたに、オリーブオイルの持つ5つの効能をお伝えします。そこには私たちの想像を超える驚きの効果がありました。

まずはオリーブオイルに含まれる栄養から確認!

オリーブオイルに含まれている主な栄養のレーダーチャート

オリーブオイルに含まれている主な栄養素のレーダーチャート

まずはオリーブオイルに含まれている栄養や成分を見てみましょう。

オリーブオイルの栄養で最も割合が高いのが脂質す。というのもオリーブオイルは五大栄養素である炭水化物タンパク質、さらに水分もなく、脂質しか含まれていません。

そのため、糖質はゼロと嬉しいでのすが、とても高カロリーな食品です。

オリーブオイルで注目される成分は、オレイン酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、オリーブオイルの優秀な効能や効果にとても貢献しています。

便秘を解消する効能! - 腸の動きを活発にする効果に期待

オリーブオイルのボトル3本とオリーブの実

オリーブオイルは便秘の解消にも一役買います。これはオリーブオイルに含まれるオレイン酸の効能によるものです。

オレイン酸は小腸を刺激する効果があり、便秘を改善する効能があります。腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして便通を促してくれるのです。

また、便を柔らかくするほか、潤滑油のような役割も果たすため、スムースな排便も促します。この潤滑油のような作用はオリーブオイルが最適ですが、油脂類全体にもいえることです。

そのため、ダイエットで油脂類の摂取を極端に減らすと、かえって便秘の原因になるので、ある程度の量は摂るようにしましょう。

さらに、便秘の解消には食物繊維も必要です。こちらも合わせて摂るとより効果的。健康法で直接オリーブオイルを飲むのが進められていますが、オリーブオイルをドレッシングにすれば、食物繊維を含む野菜や海草がサラダで摂ることができます。

血圧を下げて高血圧の予防に効果的 - コレステロールも低下させる効能

血圧を計測するイメージ

オリーブオイルには血圧を下げる効能があります。

オレイン酸の効能や効果には、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞といった生活習慣病を防ぐ働きもあります。善玉コレステロールは減らさずに、悪玉コレステロールのみを減らすというメリットがあります。

研究の結果では、高血圧の治療と同時にオリーブオイルを使用した食事療法によって、実際に血圧が下がったということが明らかになったそうです。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つで、一価不飽和脂肪酸に分類される植物油です。他の油脂類に比べオリーブオイルには多い成分です。オリーブオイルは他の油脂類に比べ酸化しにくい特徴がありますが、これはオレイン酸の効果や効能によるものです。

オレイン酸はオリーブオイルに多いですが、他にもなたね油、アーモンドくるみピスタチオなどのナッツ類にも多く含まれます。

胃酸の分泌を調整 - 効能は胃炎や胃潰瘍の予防に

ハーブとオリーブオイルとオリーブの実のイメージ

胃酸の分泌を調整する効能も期待されています。こちらもオレイン酸の効能や効果です。

オレイン酸はでの滞在時間が飽和脂肪酸に比べ短いため、胃酸の分泌を調整する効能があります。胃もたれ胸焼けをすることが少なくなり、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍の予防といった効果や効能にも有効です。

オリーブオイルは消化に負担をかけにくく、下部食道括約筋を緩めないという結果が出ています。下部食道括約筋とは胃と食道のつなぎ目にある筋肉で、胃酸の逆流を防ぐ役目をしています。

食べ過ぎに加え、消化時間が長い食べ物を摂りすぎると、この下部食道括約筋がが緩みやすくなります。そして胃酸が逆流しやすくなるので、逆流性食道炎の原因となります。

オリーブオイルで食べ過ぎを防止!ダイエット効果も期待

オイルとパンとピクルス

オリーブオイルには食べ過ぎを抑制する効能もあります。そのため、ダイエット中に上手に使えば成果が出やすくなるでしょう。

食欲を抑制するメカニズムの正体はセロトニンです。近年の研究では、オリーブオイルを多く摂取している人の血液には、より多くのセロトニンが含まれていることが分かりました。

オリーブオイルを摂取すれば痩せるというわけではありませんが、食欲を抑制するという点で、ある程度のダイエット効果は期待できると思います。

オリーブオイルのカロリーは「100g中:921kcal」と、大さじ1杯でも110kcalとかなり高カロリーです。ダイエット効果を期待して必要以上に摂摂るのはNG。かえって肥満の原因となりますので、一日大さじ2杯程度に抑えましょう。

頭皮マッサージで髪の毛の健康維持を - 白髪、薄毛、抜け毛の予防効能

白髪を予防する効能もオリーブオイルには期待されています。また、髪の毛にツヤを与え髪の健康維持にもつながります。

白髪や薄毛抜け毛の原因は遺伝やストレス、運動不足、喫煙、睡眠不足なども関わりますが、活性酸素も主な原因の一つです。オリーブオイルはこの活性酸素を抑える作用で、白髪、抜け毛予防に効果的とされています。

横を向いて頭皮のマッサージをする女性

また、オリーブオイルを使っての頭皮マッサージもすすめられています。

    頭皮マッサージのやり方

  • 用意するもの:オリーブオイル、タオル(汚れてもいいもの)
  • 1)乾いた頭皮に小さじ1杯のオリーブオイルを揉みこみながら、全体に馴染ませる。
  • 2)5分ほど置いた後、指の腹で頭皮をやさしくマッサージして、お湯で濡らしたタオルで髪全体を多い、さらに5~10分ほど蒸す。
  • 3)汚れや皮脂を浮き上がり毛穴がきれいになったところで、普段よりも丁寧にシャンプーとすすぎをしてしっかりとオイルを落とします。

これを週一回のペースで行うのがベストだそうです。毛穴の汚れがなくなりマッサージ効果で頭皮の血行が良くなることで、髪が生えやすく白髪を予防する環境ができます。

お肌に食用のオリーブオイルはダメ!必ずスキンケア用を!

鏡に向かい合う女性

オリーブオイルの効能や効果には、健康高でなく肌にハリやツヤを与えてくれます。食べたり飲んだりとからだの内側からアプローチをするだけでなく、肌に塗ることで外側から肌の健康を維持してくれます。

オレイン酸は、人の皮脂に近い成分といわれています。肌なじみがよく乾燥から肌を守りので、肌トラブルの予防に有効な働きをします。

また、ポリフェノールビタミンE、スクワレンなど、肌に良い効果や効能を与えてくれる栄養や成分も含も含んでいます。

直接肌に塗布するにはスキンケア用が望ましいです。肌に合うようにきちんと調整され不純物などが取り除かれているからです。食用のオイルでは肌トラブルを起こす場合があるので、気をつけましょう。

関連コンテンツ

関連記事