パパイヤのカロリーと糖質について解説しています。

食品・食材果物 一覧パパイヤカロリー糖質
パパイヤpapaya

パパイヤのカロリーと糖質

パパイヤ

カロリー

38kcal(100g)

全食品の中で

低い

果物の中で

やや低い

糖質

7.3g(100g)

全食品の中で

少ない

果物の中で

やや少ない

パパイヤのカロリーはどのくらい?

パパイヤ(完熟、生) 38kcal
未熟、生 39kcal
果物平均 61kcal
全食品平均 212kcal

パパイヤのカロリー(100gあたり)は38kcal。グラフはパパイヤの完熟と未熟、果物平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。

果物の平均カロリーは61kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、パパイヤのカロリーは果物の中ではやや低く、全食品の中でも低い水準にあることが分かります。

パパイヤ1個分(可食部)の重さは350~360gですので、1個分のカロリーは130~137kcalとなります。

パパイヤは「完熟」と「未熟」によって用途が異なります。私たちがフルーツとして食べているのは黄色い「完熟」した果実で、独特の香りと甘さが特徴的です。

一方「未熟」なものは緑色をしており青パパイヤと呼ばれています。主に炒め物やサラダといった野菜として使用されます。

完熟時と未熟時のカロリーはほとんど変わりません。未熟な方は糖質が0.1gほど少ないですが、その代りにタンパク質が多くなります。

パパイヤの糖質は?

パパイヤ(完熟、生) 7.3g
未熟、生 7.2g
果物平均 13.5g
全食品平均 18.5g

パパイヤの100gあたりの糖質は7.3gです。糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。パパイヤの炭水化物量は9.5g、食物繊維量は2.2gですので、差し引いた糖質量は7.3gとなります。

果物の100gあたりの平均糖質量は13.5g、全食品の平均は18.5gですので、パパイヤの糖質は他の果物の平均と比較してやや少なく、全食品の平均と比較しても少ないことが分かります。

ちなみに、パパイヤ1個(可食部)の重さは約350~360gとなりますので、1個分の糖質量は25.55~26.28gにもなります。

パパイヤ100g中の糖質量は低めの範囲ですが、1個となるととても高い糖質を含んでいます。

他の果物とのカロリーと糖質の比較

上のグラフはパパイヤと主な果物との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。

果物は比較的糖質の多い果物ですが、パパイヤの糖質とカロリーは低い方です。

マンゴーパッションフルーツのカロリー、糖質はパパイヤよりも2倍近い差があります。バナナは共に高めの数値ですが、パパイヤに比べ価格が安く通年食べられるメリットがあります。

アボカドはパパイヤよりもカロリーが5倍近くも高くなりますが、糖質量は8割ほども少なくなっています。

カロリー糖質は低い水準 - パパイヤは半分に分けて食べよう

パパイヤのカロリーと糖質は共に低水準で、果物類のみならず全食品中にも言えることです。

ただ、一度に丸ごと1個食べてしまうと、カロリーよりも糖質を摂りすぎてしまいます。一度に食べる量は半分くらいにしておきましょう。

パパイヤには、β-クリプトキサンチンが含まれています。骨吸収の抑制や骨の形成を促すとともに、骨密度を高めて骨粗鬆症の予防に効果的です。

関連コンテンツ