ラディッシュの旬は?

ラディッシュradish

ラディッシュの旬の時期は3~6月、10~11月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ラディッシュ 分類 アブラナ科ダイコン属
旬の時期 3~6月、10~11月ごろ 主な産地 愛知、福岡、茨城など
効果 美容・免疫力のアップ、食欲増進、抗酸化作用など(詳しくはラディッシュの効能へ)

ラディッシュの旬は春と秋

ラディッシュの旬は春と秋です。ちょうど、3月~6月と10~11月ごろといったところでしょうか。

ラディッシュの発芽温度は15~28℃くらいとされているので、真夏と真冬には適さない植物です。したがって、ちょうどこの気温の頃の春と秋がラディッシュの旬と言えます。

ラディッシュは地中海沿岸が原産とされている西洋大根の一種です。

種を植えてから、収穫までわずか20日程度なので、二十日大根とも呼ばれます。種植えから収穫までが早いので、家庭菜園などでも人気のある野菜です。

美味しいラディッシュを選ぶには、葉っぱが生き生きとしているものを選ぶこと、実の赤い部分は色鮮やかなものを選ぶことです。

あまり日持ちする食材ではありませんが、保存する場合には水分が飛ばないように、ビニール袋などで密封して冷蔵庫で保管するのが望ましいです。

調理の定番はサラダになります。また、大根と同じ味なので大根用のレシピが使用できます。

関連コンテンツ

関連記事