食品・食材はんぺん栄養効果
はんぺんhanpen

ふんわりとした食感が魅力的!はんぺんの栄養と効果とは?

はんぺんの栄養と効果

はんぺんに含まれる栄養と優れた効果についてお話ししていきます。ふんわりとした見た目と食感が魅力のはんぺん。

魚のすり身を原料とした練り物食品で、低脂質で消化が良いのが特徴。そして、魚の栄養素がたっぷり詰まったはんぺんは、味わいが良く栄養満点です。

おでんの材料として欠かせず、さらには、おかずやおつまみ、お弁当にと重宝する食材です。

今回は、はんぺんに含まれる栄養と優れた効果に迫ってみたいと思います。

タンパク質が豊富 – 臓器や筋肉を作るために必要な栄養

はんぺんは、魚のすり身から作られるため、タンパク質が豊富に含まれています

タンパク質は、私たちの臓器や筋肉などを作るために欠かせない栄養で、健康的なカラダ作り・生活を送るために必要不可欠です。

タンパク質の不足は、バテたりめまいを感じやすくなるので注意しましょう。

DHAも含む! – 動脈硬化や認知症予防に効果的

はんぺんは、不飽和脂肪酸のひとつであるDHAも豊富で、とくに白いはんぺんよりも黒はんぺんに含まれています。

DHAは、血管を柔軟にしてLDLコレステロール値の上昇を抑えるため、高血圧や動脈硬化の予防・改善に効果があります。

また、記憶力や判断力を向上させる働きもあるため、認知症予防にも効果が期待できるでしょう。

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略で、いわしさんまなどの青魚に多く含まれている栄養素です。

EPAも入っている – 血栓予防に効果あり

はんぺんにはEPAも入っており、これも黒はんぺんに豊富です。

EPAは血液をさらさらにする働きがあるため、血栓ができるのを防ぐ効果があります。脂質過多の方や血栓を招きやすい方には特におすすめの成分です。

EPAは、DHA同様青魚に含まれる不飽和脂肪酸で、EPAとDHAはと同時に摂取することで相乗効果を発揮します。

カルシウムも豊富に含有! – 丈夫な歯や骨を作る栄養

はんぺんには、カルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムは、丈夫な骨や歯を作る上で欠かせない栄養です。成長期や骨粗鬆症の予防に、お子さんや高齢者の方は不足のないように摂りましょう。

カルシウムは神経の興奮を抑える作用もあり、イライラする気持ちを腐生でくれます。カルシウムの吸収を促進するビタミンDと一緒に摂取して、効果を高めましょう。

ビタミンB12を多く含有 – 増血作用で貧血予防に効果

はんぺんはビタミンB1を多く含む点にも注目しておきましょう。

ビタミンB12は動物性食品に多く含まれる栄養で、増血作用があることから、貧血予防に効果があるとされています。

また、別名「神経のビタミン」と呼ばれ、傷ついた末梢神経を修復する効果もあります。肩こりや腰痛に悩む方は、ビタミンB12を含むはんぺん料理がおすすめです

白はんぺんと黒はんぺんの違いとは

一般的に、はんぺんと聞くと白いものを想像する人が多いかもしれませんが、静岡県の焼津市の名物には黒色のはんぺん「黒はんぺん」があります。

白はんぺんは、スケトウダラなどの白身魚とすりおろした山芋、黒はんぺんは、いわしやなどの青魚を使用するので、原材料になる魚の種類が異なります。

白はんぺんは消化が良く、黒はんぺんは魚の骨まで使用しているので栄養価が高く、どちらかというとつみれのような見ためと食感です。

色だけでなく味にも違いがあるので、食べ比べは面白いかもしれませんね。

関連コンテンツ

関連記事