トリュフの旬は?

トリュフtruffle

トリュフの旬の時期は6~11月、12~2月、9~12月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 トリュフ 分類 セイヨウショウロ科
旬の時期 6~11、12~2、9~12月ごろ 主な産地 フランス、イタリアなど
効果 胃腸の働きを整える、胃痛、胃もたれなどの予防(詳しくはトリュフの効能へ)

トリュフは秋から冬にかけてが旬 - 黒と白で時期が異なる

トリュフの旬は黒と白で多少時期が異なります。

黒トリュフの旬は年に2回、6~11月のサマートリュフ、12~2月のウインタートリュフがあります。白トリュフは9月~12月に旬を向かえます。

世界三大珍味の1つであるトリュフには、黒トリュフと白トリュフがあり、特に有名なのが黒トリュフで流通量が多いのも黒トリュフです。

黒トリュフは年間を通じて産出されますが、旬の秋から冬にかけてのものがもっとも上質とされています。この時期に採れたものは特に優雅な香りを放ちます。

また、産地も黒トリュフはフランス、白トリュフはイタリアと異なります。

黒トリュフはヨーロッパ産のものがほとんどで、フランスのプロヴァンス地方がその本場です。他にもスペイン、イタリアなどで産出されています。

「黒いダイヤモンド」と称される黒トリュフは生でも食べますが、主に加熱することが多く、パスタやパン、お肉等と相性が良いいので幅広く利用されています

また、白トリュフの産地で最も有名なのは、イタリアのアルバと呼ばれる地域です。希少な白トリュフは香りを楽しみ加熱せず、薄くスライスして生のまま料理に使います。

白トリュフは人工栽培ができず、また限られた環境でしか育ちません。そのため黒トリュフの3~5倍の値段で取引されています。

また、白トリュフは収穫後から香りが失われていくため、扱いが難しい食材です。そのため、あまり日本には入ってはきません。

おもに香りを楽しむ食材ですから、オイルや塩、バターはちみつなどに漬けられた調味料が作られていて、幅広く楽しめるように販売されています。

関連コンテンツ

関連記事