クレソンの旬は?

クレソンwatercress

クレソンの旬の時期は3~5月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 クレソン 分類 アブラナ科アブラナ属
旬の時期 3~5月ごろ 主な産地 山梨県、沖縄県など
効果 抗菌作用、免疫力の強化、目の健康維持など(詳しくはクレソンの効能へ)

クレソンの旬は3月~5月の春

クレソンの旬は3月~5月の春になります。

流通しているもののほとんどは栽培されたもので、年間を通して出回っていますが、天然ものは初夏を過ぎると茎が太く硬くなってしまうため、柔らかく色も鮮やかな3月~5月にかけての春が旬です。

同じく3月~5月にかけての春に旬を迎える野菜には、キャベツ玉ねぎニラかぶなどがあり、クレソン同様に旬のこの時期の野菜は柔らかく美味とされます。

クレソンはヨーロッパ原産、アブラナ科のオランダガラシ(和蘭芥子)と呼ばれる多年草です。繁殖力が極めて高く、日本各地でも水中や湿地に群れて自生しています。

クレソンにはシニグリンという辛み成分が含まれるため、抗菌及び食欲増進効果があり、肉料理の付け合わせとして良く使われます。

また、生活習慣病の予防に良いとされるβ-カロテンのほか、カリウムやビタミンなど栄養も豊富です。

関連コンテンツ

関連記事