ゴーヤチャンプルの栄養と効能

食品・食材ゴーヤチャンプル栄養効能
ゴーヤチャンプルgoya-chanpuru

ゴーヤチャンプルの栄養&効能 - チャンプルーにするにはワケが!

ゴーヤチャンプルの栄養と効能

ゴーヤチャンプルの効果とその効能をお伝えします。

ゴーヤを使った料理には豆腐や肉や野菜、と炒めるゴーヤチャンプルがよく知られています。この「チャンプルー」とは「混ぜ物」や「ごちゃまぜ」というような意味があります。

ゴーヤ以外にも野菜やお麩そうめんなど様々なチャンプルーがありますね。ゴーヤチャンプルはかつおだしを使うので、旨み成分により調味料を控えられるメリットがあります。

栄養価が高いことで注目されているゴーヤとほかの具材と混ぜて調理することで、美味しさのみならずメリットも生まれます。

ゴーヤチャンプルついて、どのような成分が含まれているのか、効能はどのようなものなのかを見ていきましょう。

トマトの5倍!ゴーヤのビタミンCは熱に強い - 紫外線対策&シミ予防

ゴーヤは非常にビタミンCが豊富な野菜です。その量はトマトの5倍も含まれているのです。

そしてもう一つの優れているのは、ゴーヤのビタミンCは熱に強いというところです。ですから、ゴーヤチャンプルといった炒めもには最適な野菜です。

ビタミンCの効能は美肌や免疫向上に働きます。そのため、紫外線対策やシミ予防のためにも、ゴーヤは欠かせない食材と言えるでしょう。

ゴーヤチャンプルは肉や豆腐と一緒に食べることで、ゴーヤの栄養効果がより高まります。豚肉、豆腐、卵にたっぷりと含まれるタンパク質と、ビタミンCを一緒に摂取すると、コラーゲン量が増えるのです。

シミを防ぎ美肌の維持に欠かせないコラーゲンの生成のためにも、ゴーヤチャンプルは非常に適した料理と言えるでしょう。

カリウムと食物繊維が豊富 - ゴーヤチャンプルでむくみや便秘の改善

ゴーヤに含まれる栄養成分として、カリウム食物繊維も挙げられます。

カリウムはむくみが気になる人に必要な成分です。水分や塩分を取り過ぎることでむくみは生じますが、カリウムは体内の余分なナトリウムを外へ出してくれます。

ゴーヤチャンプルのように、良質なタンパク源である豆腐や豚肉の食べ合わせは、よりむくみ予防につながることも分かっています。

さらに豊富な食物繊維は腸内環境を整えて、便通を良くしてくれます。便秘の改善はむくみの解消になり、適度な量の油も摂れるのも、快適なお通じにつながります。

このように、ゴーヤチャンプルはまさに、むくみを防ぐレシピとも言えるでしょう。

ゴーヤチャンプルは多くの栄養が摂れる - 夏バテ予防にもってこい!

ゴーヤチャンプルは豚肉や卵、豆腐、かつおだしといった様々な具材を合わせています。

夏バテ対策の栄養にはタンパク質、ビタミンACB1アリシンなどが上げられます。

基本的なゴーヤチャンプルにはアリシン以外の栄養がたっぷりと含まれています。一度に多くの栄養が摂れるえに、食欲を増進する作用もあるゴーヤは夏が旬ですから、夏バテ予防にも最適です。

夏バテ予防をさらに強化するには、ゴーヤチャンプルにアリシンを含む玉ねぎにんにくなどをプラスするのが良いでしょう。

関連記事:夏バテの原因と対策をチェック!

苦味成分のモモルデシン - 効能は血糖値やコレステロール値の低下

ゴーヤの苦味は、モモルデシンという成分によるものです。

モモルデシンは血糖値コレステロール値も低下させる効能があるとされています。さらにモモルデシンとかつおの効能には、ともに血圧を下げる作用があります。

高血圧や脂質異常といった生活習慣病を改善するためにも、ぜひ摂取したい成分です。さらに自律神経の乱れも整えてくれて、心身の健康をサポートしてくれるのです。

ゴーヤは夏の野菜です。モモルデシンは胃腸の調子も良くしてくれるので、ゴーヤチャンプルは夏バテ予防にもぴったりの食材と言えるでしょう。

体を冷やさずゴーヤを食べるには? - 食べ過ぎには注意!

夏が旬の野菜は、暑い夏を乗り切るために体を冷やしてくれるものが多いです。夏野菜であるゴーヤもそのひとつです。

栄養価が高いからといって食べ過ぎると体が冷えてしまうことがあるので、気を付けましょう。体を冷やす野菜は、体を温める野菜と一緒に食べることで冷えを防ぐことができます。

ゴーヤチャンプルの具材には、体を温めてくれる玉ねぎや人参を一緒に食べるほうが胃腸や体を冷やさずに済みます。お味噌汁やスープを添えるのも良いでしょう。

また、ゴーヤの苦み成分の摂りすぎはかえって胃腸を傷める原因にもなります。とくに胃腸が弱った状態で食べ過ぎるのはよくありません。レシピや好みにもよりますが、2人分で1/2本ほどが適量ではないでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事