食品・食材野菜 一覧レタス栄養効果
レタスlettuce

レタスの栄養 あまり知られていないレタスの栄養と効果

レタスの栄養と効果

パリパリシャキシャキの食感が魅力のレタス。

「レタス=食物繊維」のイメージが強いですが、実はレタスの食物繊維はさほど多くなく、95%が水分です。レタスに含まれる栄養は量は少ないですが、バランスは優れています。

また、レタスはサニーレタスや、ロメインレタス、グリーンカールと種類が豊富ですが、種類によって栄養価も異なります。それぞれ食感も異なるので、その日の気分やメニューに合わせて選ぶのもいいでしょう。

今回は、レタスの栄養とどのような効果があるのかをご紹介します。

注目の成分!サポニン - 過酸化脂質の生成を抑制、肝機能の向上

レタスのサポニン

レタスには、サポニンが含まれています。

サポニンは、植物の根、葉、茎などに含まれるポリフェノールの一種で、苦みやエグみなどの元となる成分です。レタスを切った時に茎の切り口からでてくる白い液体が、サポニンです。

サポニンには抗酸化作用があり、体内のコレステロールの除去や、血栓のもととなる過酸化脂質の生成を抑制する効果があります。また、肝臓腎臓の機能を高めたり、食欲を増進するなどの効果もあります。

レタスのサポニンは芯に多く含まれています。なるべく芯は捨てずに、刻むなどして食べましょう。

カリウムも含まれる - 高血圧の予防、むくみを解消する効果

レタスの栄養にはカリウムも含まれています。

カリウムはミネラルに分類される栄養で、細胞内外の浸透圧を調節する効果があります。

また、カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きもあり、高血圧の予防、むくみを解消する効果もあります。

ビタミンCも含む - 美肌・美白効果、免疫力アップ効果も!

レタスに含まれる栄養には、ビタミンCが含まれています。

ビタミンCは肌にハリを与えるコラーゲンを生成したり、メラニン色素の生成を抑制してシミやソバカスを防ぐ美肌効果があります。

また、免疫力を高める効果があるため、風邪の予防にも効果がある栄養です。

若返りのビタミン!ビタミンE - 血行を促進、新陳代謝アップ

レタスにはビタミンEが含まれています。

ビタミンEの抗酸化作用が活性酸素を除去して、老化防止やアンチエイジングの効果を発揮します。

また、ビタミンEには血流を良くする作用もあるため、肌の新陳代謝を高め、肌荒れの予防にも効果があります。

ダイエットにもおすすめ! - 便通改善、食べ過ぎ防止にも

レタスのサラダ

レタスの栄養には、量は多くありませんが食物繊維が含まれています。

食物繊維は便秘を解消し、便とともにカラダに不要な老廃物を排出してくれます。また、便秘を解消することで肌荒れを防ぐこともできます。

また、便秘の解消に加え、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどの皮膚や粘膜の健康維持や、血色を良く見せなるなどの効果が、より美肌の維持に有効となります。

そして、レタスは意外と歯ごたえがあり食べごたえのある野菜です。サラダにして先に食べることで食べ過ぎを防ぐこともできるので、ダイエット中にはおすすめです。

量は少ないが、栄養バランスが良い - β-カロテン、ビタミンB群を含む

レタスで注目すべきは点は、含有量は少ないものの栄養のバランスが優れているところです。

レタスは抗酸化作用をもつβ-カロテンや、造血作用のある葉酸などのビタミンB群も含んでいます。

さらに、骨粗鬆症予防に効果があるカルシウムマグネシウムといったミネラルなど、量が少ないながらも数多くの栄養を含む野菜です。

レタスの栄養の吸収をアップするには?

レタスの炒めもの

レタスを油で炒めればカサが減り食べやすくなります。そしてβ-カロテン、ビタミンEなど脂に溶けやすいビタミンや、食物繊維の吸収率がアップするのでおすすめです。

美肌対策の食べ合わせでは、レタスと豚肉が良いでしょう。レタスのビタミンCと食物線維、豚肉のビタミンB1タンパク質をしっかりと摂ることができます。

その他、さっと加熱するレタスチャーハンはビタミンCが損なわれにくく、牛肉をレタスで包んで食べるなども油とタンパク質が摂れるため、老化予防や疲労回復メニューとしておすすめです。

関連コンテンツ

関連記事