ずいきの旬は?

ずいきzuiki

ずいきの旬の時期は6~9月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 ずいき 分類 サトイモ科
旬の時期 6~9月ごろ 主な産地 石川、奈良、高知など
効果 止血作用、代謝促進、アンチエイジングなど(詳しくはずいきの効能へ)

ずいきの旬は6~9月の初夏から夏

ずいきの収穫時期は6月中旬頃からで、6~8月ごろが旬です。ちょうど初夏から夏にかけて旬を迎えるんですね。

ずいきは里芋やハスイモの葉柄です。赤ずいきはヤツガシラやエビイモの茎、それを遮光して軟白栽培したものが白ずいき、青ずいきと呼ばれるハスイモの茎の3種類があります。

最も流通量の多い赤ずいきは、石川県の加賀野菜に指定されています。白ずいきは奈良県、青ずいきは高知県や福岡県が主な産地です。

6月中旬頃から9月にかけて出回り旬を迎えます。高級食材の白ずいきはやや早い5月頃に出荷されることもあります。

ずいきと同じく初夏から夏にかけて旬を迎える野菜は、枝豆ナスみょうがとうもろこしなどです。

ずいきはミネラル食物繊維が豊富な、夏にピッタリの野菜です。まだ食べたことのない方はぜひお試しください。

関連コンテンツ

関連記事