食品・食材果物 一覧マンゴー栄養効能
マンゴーmango

女子必見!マンゴーの栄養と知られざる効能3選

マンゴーの栄養と効能

マンゴーの栄養と効能について解説していきます。ねっとりとした甘みが特徴でジューシーな南国フルーツ、マンゴー。

マンゴーは、チェリモヤ、マンゴスチンに並び「世界三大美果」の一つに数えられます。日本では沖縄県や宮崎県産のアップルマンゴーが有名ですね。

甘みが強く、女性にも人気の果物ですが、その栄養は意外にも豊富です。今回は、そんな知られざるマンゴーの栄養と、素晴らしい効能について学んでいきましょう。

女性に嬉しい効能! マンゴーの持つ驚きの美肌効果

マンゴーには様々な栄養が含まれていますが、その中でも注目すべきがβ-カロテンです。

マンゴーと主な果物類とのβ-カロテン含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

あんずパッションフルーツには劣りますが、マンゴーには豊富なβ-カロテンが含まれています。その含有量は果物の平均値の約3.5倍にもなります。

β-カロテンは体内で必要な分だけがビタミンAになる栄養成分で(ビタミンAの前駆体とも呼ばれます)、このビタミンAが皮膚や粘膜を保護してくれます。女性には嬉しい効能ですね。

また、β-カロテンは、ビタミンCビタミンEとともに強力な抗酸化作用も持っており、エイジングケアなどの効果、生活習慣病を予防する働きもあると考えられています。

関連記事:これだけは押さえておきたい!β-カロテンの効果と効能4選

葉酸も豊富に! 貧血、くすみ肌を予防する効能も

マンゴーには葉酸も多く含まれています。

マンゴーと果物平均との葉酸含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり、果物平均は良好倶楽部調査)

果物の平均と比較しても、マンゴーには多くの葉酸が含まれていることが分かります。

肌を若々しく保つ栄養素の葉酸は、「造血のビタミン」とも呼ばれています。葉酸は赤血球の生成を促す働きがあるため、貧血の改善にも効果大です。血液の質を改善することで、くすみ肌や口内炎のお悩み解消にもつながります。

また、葉酸には胎児の先天的な異常を予防する効果もあります。妊娠した女性には嬉しい栄養素とも言えますね。

妊娠中の方必見!葉酸の効果と効能をチェック

ちなみに、この葉酸を十分に働かせるためには、ビタミンB12を摂取することが大切です。ビタミンB12はお肉や魚介類に多く含まれているので、併せて食べるようにしてみましょう。

マンゴーにはナイアシンも - 3大栄養素の代謝を促す効果

マンゴーにはナイアシンという栄養も含まれています。

ナイアシンはビタミンB群に分類される栄養素で、補酵素として3大栄養素の代謝を促す効能があります。

また、ナイアシンにはアルコールの代謝を促進し、アセトアルデヒドを分解する働きがあるため、二日酔いを予防する効能も期待されます。

さらに、皮膚や粘膜を保護する働きもあるため、美容にもおすすめの栄養素です

関連記事:ナイアシンの効果 - 補酵素の知られざるパワー

ドライマンゴーでは栄養はどうなる?

マンゴーと言えば、生のマンゴーも美味しいですが、乾燥させたドライマンゴーも人気ですね。

最近はコンビニなどでも見かけるようになり、マンゴーをより身近な存在にしてくれています。

ドライマンゴーの栄養価は、生のマンゴーとほとんど変わりません。水分が減っている分、100グラムあたりの栄養はドライマンゴーのほうが濃縮されています。

手でつまんで手軽に食べられ、栄養も効率的に摂取できるドライマンゴーは、お口にも身体にも“おいしい存在”と言えるかもしれませんね。

ヨーグルトなどに一晩ひたしておくと、乳酸菌やビタミンBといったヨーグルトの成分も同時に摂取できますよ。気軽にマンゴーを摂取することができますので、ぜひお試しください。

関連コンテンツ

関連記事