食品・食材野菜 一覧ズッキーニ栄養効能
ズッキーニzucchini

ズッキーニの栄養と効能をチェック!

ズッキーニの

ズッキーニの栄養と効能を解説sします。くせがなく淡白な味わいのズッキーニ。その形や色から、きゅうりの仲間だと思っている方も多いかもしれません。

じつは、ズッキーニはかぼちゃの一種。豊富な栄養を含むうえに、100g中14kcalと低カロリーなヘルシー野菜です。

ズッキーニはナスに似た食感が特徴で、ほのかな甘みや苦みがあり、ヨーロッパでは日常的に料理の材料として使われています。

今回は、最近日本でも出回るようになったズッキーニの優れた栄養と効能についてご紹介します。

カリウムで高血圧を予防する効能 - ズッキーニで減塩対策!

小皿に入った千切りのズッキーニ

ズッキーニには、電解質のカリウムが多く含まれています。

カリウムは、高血圧の予防に役立つ栄養ナトリウム(塩分)を排泄して、血圧が上昇するのを抑える効能があります。また、カリウムには筋肉の収縮を正常に行う働きがあります。

ナトリウムを排出する作用は、むくみの解消にも効果的です。顔や下半身のむくみが気になるときは、カリウムの摂取を意識してみてください。

減塩をうたった調味料やレシピは数多くありますが、実際に塩分の摂取量を減らすのはなかなか難しいですよね。

ズッキーニに多く含まれるカリウムは、高血圧予防の面からも、普段の食生活で積極的に取り入れていきたい栄養素なのです。

β-カロテンもたっぷり - うれしいアンチエイジング効果

ズッキーニに多く含まれる栄養で、もう一つ見逃せないのがβ-カロテンです。

ズッキーニにβ-カロテンが豊富なのは、かぼちゃの仲間である証拠。かぼちゃや人参などの緑黄色野菜などに多く含まれ、強い抗酸化作用の効能を持つのが特徴です。

また、β-カロテンは、体内でビタミンAとしても作用し、粘膜を健康に保ったり、夜尿症を予防する働きなどが認められています。

このほか、うれしい美肌効果も。β-カロテンは、アンチエイジングを目指す女性の心強い味方となってくれます。

β-カロテンは、人参から発見された成分です。かぼちゃやほうれん草など緑黄色野菜に多く含まれています。

豊富なビタミンCで目指せ美肌 - 抗酸化の効能で老化防止も

ボウルに入った多種類のズッキーニ

ズッキーニには、ビタミンCも豊富に含まれています。

ビタミンCは、その強力な抗酸化作用で、カラダの老化を防いでくれる効能があります。

さらに、美肌効果も抜群!肌にハリと潤いを与え、シミのもとになるメラニン色素の沈着を防ぐので、お肌の健康維持に必須の栄養です。

また、ビタミンCにはウィルスを排除する白血球の働きを強化する作用があり、免疫力の向上と風邪予防の効果が期待できます。

妊娠中に欠かせない栄養、葉酸 - 貧血予防にも効能

葉酸も、ズッキーニの優れた栄養のひとつです。

葉酸は、胎児の正常な発育のために必要な栄養。妊娠中の女性にはとくに、欠かせないものです。DNAな核酸を合成して、タンパク質や細胞の新生に重要な働きをします。

また、葉酸には赤血球を作り出す効能があり、貧血を予防するのに役立ちます。造血のビタミンとも呼ばれ、ビタミンB12と協力して血液をつくる作用があります。

バランスのとれた食生活をしていれば不足することはありませんが、葉酸が欠乏すると口の中が荒れたり、疲労感が出たりします。

ズッキーニを美味しく味わおう! 幅広い調理法が魅力的

フライパンで調理したズッキーニ

美味しいズッキーニの選び方は太さが均一で、切り口が新しいもの。なるべく新鮮なうちに食べましょう。

調理の際は皮をむかなくても大丈夫。スライスして焼いたり、そのままピクルスにしたり、味噌汁の具材としても使えます。

特にトマトと一緒に煮込むラタトゥイユ、スパイスがふんだんに使われたカレーカルシウムが豊富なチーズにも良く合います。

健康にプラスとなる栄養がいっぱい詰まったズッキーニ。幅広い調理法で美味しく味わえるところもまた、魅力的ですね。

関連コンテンツ

関連記事